公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”海外交流” がつけられた記事

No.4709

国際協力の推進へ!68か国訪問の熊谷氏(香川大客員教授)と懇談(香川県高松市)

髙松内にある香川大学を訪問。インターナショナルオフィス 客員教授 熊谷信広氏を訪ね、意見交換。 熊谷客員教授は 総合商社トーメン勤務後、国際協力事業団(現国際協力機構・JCIA)入団。ジャマイカ首席駐在員、青年海外協力隊事務局ボランティア参加促進課長、JICAボツワナ支社長などを経て本年1月から現在の香川大客員教授として出向・赴任されています。 アフリカルワンダに訪問の際、JICAの方々とお会いし……つづきを読む

No.1947

『400年の歴史・小豆島石のシンポジウム』(香川県小豆郡土庄町)

『小豆島石のシンポジウム』が土庄町立中央公民館で開催し、大勢の皆様が参加。 小豆島は良質な花崗岩が採れる事で知られ、過去には大阪城の石垣へも小豆島の石がたくさん切り出されている。島の繁栄を支えた石材産業の歴史や文化的な価値の再検証することで「小豆島石 石のシンポジウム」が開催 された。 「小豆島の石」ビデオ上映・岡田実行委員長(土庄町長)の開会挨拶の後、来賓として挨拶する。(下記挨拶のポイント) ……つづきを読む

No.1946

「生活支援」強化へ!軽費老人ホーム・ケアハウス充実・改善(香川県小豆郡小豆島町)

早朝小豆島へ行くため高松港へ。高松港には直島や小豆島行の車や観光客であふれかる位の混雑。瀬戸内国際芸術祭が大盛況で嬉しい限り。 小豆島町で介護施設などを経営する社会福祉法人「サンシャイン会」川西理事長と懇談。川西理事長は全国軽費老人ホーム協議会の会長でもある。 軽費老人ホーム・ケアハウスの利用者の課題、安全やサービスの質の向上、生活支援の在り方など伺う。 特に ①軽費老人ホームやケアハウスなどスプ……つづきを読む

No.1945

朝の街頭演説・夜の東京六大学交流懇親会(香川県高松市)

午前中高松駅前・ことでん高松築港駅前の2箇所で街頭演説。 今日は残暑で大変暑い。じっと立ち止まって最後まで聞かれたご婦人。仕事帰りで、「山本さんが街頭をやっている。嬉しくなって最後まで聞きました。身体に気をつけて頑張ってください。」との言葉に感謝と共に元気をもらう。 午後は高松市内まわり。 夜は東京6大学交流懇親会に参加。今回が60回目の記念、30年継続されて今日に至る。慶應同窓の讃岐三田会メンバ……つづきを読む

No.1944

20世紀を代表する彫刻家「イサム・ノグチ庭園美術館」見学(香川県高松市)

香川県高松市牟礼町にあるイサム・ノグチ庭園美術館を初めて見学。イサム・ノグチの表現されている世界に大変感動した。 彫刻家、イサム・ノグチの150点あまりの彫刻作品はもとより、自ら選んで移築した展示蔵や住居イサム家、デザインした彫刻庭園など全体が一つの大きな「地球彫刻」の作品となっている。 美術館は予約制(往復はがきで)で、火・木・土の1日3回と限られ写真厳禁。県外からの参加者が多かった。 20世紀……つづきを読む

No.1943

LD支援 当事者の視点で/デジタル教科書 普及推進へ意見交換/山本(博)、山本(香)氏

 <これまでの活動記録> 公明党障がい者福祉委員会の山本博司事務局長(参院議員)と山本香苗参院議員は17日、東京都目黒区の東京大学先端科学技術研究センターを訪れ、読み書きに困難を伴う学習障がい(LD)のある児童・生徒の学習支援機器の研究を進める中邑賢龍教授らと意見交換した。 中邑教授はLDについて、「学習が遅れることが大きな問題だ」と指摘。自身で読むのは苦手でも、他人が読み上げることで理解力が大き……つづきを読む

No.1941

読み書き困難な児童を救え!東大先端研の実演に感銘(東京都)

午前中、山本かなえ参議院議員と共に、障がい者福祉委員会として東京大学先端科学技術研究センターを視察。発達障がい児に多い、読み書き困難な児童への支援機器(デジタル教科書など)について中邑教授・河野準教授・巖淵准教授の3人の先生から実演も含めて見学。 iPADでの音声読上げの実演では、簡単に活用でき、読み書き困難な生徒にとって有効なツールとなっている。 音声エンジンを安く提供できる(現在市販で約2万円……つづきを読む

No.1940

ボランティアの力に感銘/創立70周年 日本点字図書館を視察/山口代表ら

 <これまでの活動記録> 公明党の山口那津男代表は16日、東京都新宿区の社会福祉法人・日本点字図書館(田中徹二理事長)を訪れ、創立70周年を迎えた同館の取り組みを視察するとともに、情報化時代における視覚障がい者の支援策について幅広く意見を交換した。公明党から障がい者福祉委員会の山本博司事務局長(参院議員)、遠山清彦衆院議員が同行した。 同館は、視覚障がい者に読書の喜びを提供するため、指で読む点字図……つづきを読む

No.1939

被害者切り捨て許せぬ/B型肝炎訴訟 原告ら公明に訴え

 <これまでの活動記録> 公明党の肝炎対策プロジェクトチーム(PT、赤松正雄座長=衆院議員)は16日、衆院第2議員会館で全国B型肝炎訴訟の原告団、弁護団から、同訴訟の早期和解に向けた協力を要請された。坂口力副代表らが出席した。 乳幼児期の予防接種の際、注射器を連続使用したことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、全国で511人が提訴している同訴訟は、国が無症状の感染者には一時金を支給しないなど……つづきを読む

No.1920

香港の金融・貿易国際都市の源流を伺う(香港)

(香港訪問3日目) 午後14時30分より、金融財務省Mr John LEUNGと懇談。 『国際金融センターの役割・金融危機の対応・競争力を高める改革・中国大陸との関係など』説明があり、意見交換を進める。 香港は英米法系の透明性が高い法制度や簡素で低税率(法人税16.5%、個人所得税税最高税率15%、キャピタルゲイン・利子非課税)を基礎として発展。世界で最も自由なビジネス環境として世界から評価されて……つづきを読む