公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1920

香港の金融・貿易国際都市の源流を伺う(香港)


(香港訪問3日目)


金融財務省Mr John LEUNG


国際金融センターで意見交換


午後14時30分より、金融財務省Mr John LEUNGと懇談。

『国際金融センターの役割・金融危機の対応・競争力を高める改革・中国大陸との関係など』説明があり、意見交換を進める。


香港風景(1)


香港風景(2)


香港は英米法系の透明性が高い法制度や簡素で低税率(法人税16.5%、個人所得税税最高税率15%、キャピタルゲイン・利子非課税)を基礎として発展。世界で最も自由なビジネス環境として世界から評価されている。すごい事である。


香港貿易発展局(HKTDC)のMr Christopher JACKSON


香港貿易発展局からの風景


最後の会議は香港貿易発展局(HKTDC)のMr Christopher JACKSONと懇談。
香港貿易発展局の役割や日本の強みを生かす貿易など意見交換を進める。

・香港にとって日本は中国本土、米国に次ぎ第3位の貿易相手国。
・日本の農林水産物は最大の輸出先が香港(約991億円)第2位は米国。台湾・中国・韓国の順)など

日本が香港をキーに中国本土のビジネス拡大も含めて香港を活用する事を強く求められる。まだまだ日本企業の積極的な取り組みが必要である。



コメント