公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:視察 の記事

No.8461

「ハンセン病患者の家族からの要請」党対策検討PT(東京都)

記事分類

公明党ハンセン病対策プロジェクトチーム(PT)(座長:桝屋敬悟衆院議員)は8日、参議院議員会館にて、ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国原告団協議会、全国ハンセン病療養所入所者協議会、ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国弁護団連絡会、ハンセン病家族訴訟原告団より要請を受けました。 PT事務局長として司会を致しました。 ハンセン病の病歴の家族らで構成する訴訟原告団が国に謝罪などを求めている訴訟に関して、同原告団……つづきを読む

No.8452

アール・ブリュットの作家「滝勇一」作品展「Natural」(香川県高松市)

4日午前、高松市美術館1階市民ギャラリーで開催されている「滝勇一」作品展「Natural」を鑑賞しました。 障がいがある滝勇一氏の作品展で水彩画など約40点が展示されています。 温かさと優しさに満ち溢れた自然な作品に心癒されました。 滝さんとご両親と共に記念の写真も。明日5日まで開催されています。 【「滝勇一」作品展「Natural」】  高松市立美術館市民ギャラリー 5/1(水)-5/5(日) ……つづきを読む

No.8449

第70回「丸亀お城まつり」⓶多くの皆さまと交流(香川県丸亀市)

丸亀城天守の修復を記念して始まった丸亀市最大のまつり第70回「丸亀お城まつり」が2日間(3日・4日)にわたり開催されました。地元の丸亀市議内田俊英議長、福部正人市議と共に廻りました。(4日) 丸亀市体育協会の「体協婦人部」お城まつり参加協力支援事業「こわ~い 転倒を予防する取り組み」実年者からの「転倒リスク」判定テストを実施。 「てんとう虫テスト」の結果、実年齢より9歳若い結果で、内田市議も同じ、……つづきを読む

No.8447

「古民家の活用で地域活性化の推進・人材の育成に全力!」山倉社長と懇談(香川県多度津町)

3日、夕方、香川県多度津町の(株)山倉建設 山倉康平社長を訪問。山倉社長は一般社団法人 古民家再生協会の香川第一支部の支部長・NPOおたすけネットワーククラブ事務局長なども兼務されています。 本日は丸亀市の離島である讃岐広島の尾上邸の空き家プロジェクト(農水省の農泊事業)について伺いました。 江戸末期に廻船問屋として栄えた尾上家の邸宅。島で採掘される青木石を高く積み上げた石垣とおよそ200年前に建……つづきを読む

No.8444

国立ハンセン病療養所 大島青松園視察 ③瀬戸内国際芸術祭(香川県高松市大島) 

2日、高松市沖の離島 大島へ。瀬戸内国際芸術祭の会場12の島々の1つが大島。 大勢の観光客が官用船「せいしょう」を活用しています。3年前の瀬戸内国際芸術際では官用船が使えず、民間船で運航しましたが、今回大きく改善され、官用船が一般定期航路となり無料で運行となりました。(2019年4月より) 3年に1度の芸術祭。田島征三さんや山川冬樹さん、鴻池朋子さんらアーティストがアート作品を発表。島内に10のア……つづきを読む

No.8442

国立ハンセン病療養所 大島青松園視察 ⓶森会長・盲人会磯野会長と懇談(香川県高松市大島) 

2日、高松市沖の離島 大島青松園へ。大島青松園は2007年4月初訪問以来11度目の訪問となります。 2007年入所者数は138人、平均年齢は79歳でしたが、現在の入所者数は53名。平均年齢は84歳です。入所自治会の森和男会長、愛媛県出身の盲人会の磯野常二会長と懇談。 森会長は、全国13ある全国ハンセン病療養所 入所者協議会(全療協)の会長もされています。森さんは、徳島県鳴門生まれで1949年9歳で……つづきを読む

No.8440

国立ハンセン病療養所 大島青松園視察 ① 社会交流会館(香川県高松市大島)

2日、高松市沖の離島大島にある国立ハンセン病療養所・大島青松園を訪問。瀬戸内国際芸術祭が始まり、大島も会場となり多くの方々が島を訪れていました。 1909年の開園以来2147名の入所者が亡くなり納骨堂には1443名のお骨が納められています。納骨堂の隣には1909年の開所から1936年納骨堂が建てられるまでに亡くなった674名のお骨が納められている「南無佛」。生まれてくることの出来なかった胎児の為の……つづきを読む

No.8434

街並み保存活動を視察「よろず屋岩松」でのフリーマーケット(宇和島市津島町) 

宇和島市の津島町岩松へ、地元宇和島市の松本孔・我妻正三市議と訪問。(28日) コミュニティスペースの「よろず屋岩松」にてフリーマーケットが開催されおり、視察しました。 津島町岩松では、江戸末期から昭和初期の懐かしい町並みを利用した町並み保存活動が行われています。木造の懐かしい街並みを見学。古い酒屋など趣があります。 建物の老朽化や消費の低迷により、近年、商店街に元気のない状況が続いていましたが、懐……つづきを読む

No.8429

「食を通じた地域の支えあい活動を進める」企業組合津島あぐり工房・あすも「ふれあいモーニング」視察(愛媛県宇和島市)

28日 宇和島市津島町の 企業組合津島あぐり工房「あすも」 代表理事 山下 由美さんを訪問。地元宇和島市の3人の市議(松本孔・我妻正三・畠山博文)が同行。 山下さんは、農家に嫁ぎ就農。農家女性4人で農産加工施設「津島アグリ工房」を立ち上げ、地域に残る伝統の麦味噌づくりを中心に製造販売をスタート。平成24年法人化、「企業組津島アグリ工房」として農産加工部門に加え、店舗部門「あすも」をオープン。 「昔……つづきを読む

No.8415

小豆島の寒霞渓ロープウェイ(こううん駅)前ガーデンお披露目会(香川県小豆島)

22日朝、高松港からフェリーで小豆島へ。小豆島へは29回目の訪問となります。、小豆島の寒霞渓ロープウェイ(こううん駅)前ガーデンお披露目会に出席。 四季それぞれに織りなす大自然の豊かさに恵まれた、瀬戸内海国立公園の中心地小豆島。そのほぼ中央に位置する寒霞渓(かんかけい)は、島の最高峰星ヶ城と四方指の間にある渓谷です。寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動によってできた安山岩、集塊岩などの岩石が長い……つづきを読む