公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:視察 の記事

No.8182

障がい者の在宅就労に取り組むNPO法人JCIテレワーカーズネットワーク猪子理事長訪問(徳島県鳴門市)

19日午後、徳島県鳴門市で障がい者の在宅就労に取り組むNPO法人JCIテレワーカーズネットワークを訪問。 猪子理事長と障がい者就労や在宅就労(テレワーク)について意見交換致しました。 在宅就労しか選択肢のない障がい者、難病など弱者の非雇用型テレワーカー創出の政策の推進について熱く話される猪子理事長。 日本ユニシス(株)の特例子会社の新会社NULアクセシビリティ(株)の完全在宅勤務方式でJCIの会員……つづきを読む

No.8132

高次脳機能障害・発達障がい支援で意見交換(かがわ総合リハビリテーション事業団)(香川県高松市)

社会福祉法人 かがわ総合リハビリテーション事業団 香川県発達障害者支援センター「アルプスかがわ」センター長の小島正平氏と、障害者生活支援センターたかまつ 所長 森川麻理氏〔高次脳機能障害相談担当〕と懇談。(28日) 高次脳機能障害・発達障がい支援で意見交換。 香川県の取組みや課題・要望を伺いました。今後の施策に繋げてまいります。

No.8131

障がい者アートの交流拠点・アールブリュト美術館「藁工(わらこう)ミュージアム」視察(高知県高知市)

高知市南金田にある、障がい者の方々が描いた絵などを集めて公開する美術館「藁工(わらこう)ミュージアム」を高木妙高知市議と視察(27日)。 4度目の訪問です。学芸スタッフの松本志帆子氏から現状と要望を伺いました。 厚生労働省の平成30年障害者芸術文化活動普及支援事業で、全国の都道府県に設置する「障害者芸術文化活動支援センター」が高知県は、「藁工ミュージアム」 に委託。芸術文化活動を行う障がい者本人や……つづきを読む

No.8109

誰もが拾わなかった無人島・秘境の漂着ゴミを拾う「 ecオーシャンズ 岩田功次代表理事」(愛媛県八幡浜市)

22日午後、ふるさと八幡浜市にて一般社団法人ecオーシャンズ 岩田功次代表理事と漂着ゴミ問題で懇談。 ECオーシャンズは、海の環境保全を目的に2016年設立。30年来、地球環境保全に取組んできた岩田氏。 海を愛する者達が、日本の海岸・秘境の浜辺の現状を発見し、保全の為に立ち上がりました。 『日本中の拾えない場所の漂着ゴミを拾いたい。』との思いで離島の無人島・佐田岬半島の海岸(秘境の浜辺)を船で漂着……つづきを読む

No.8103

「自立と共生の社会めざして」障がい者就労支援に取り組む「NPO法人さなえ」の小川純人理事長と懇談(愛媛県松山市)

19日夕方、松山市内に障がい者就労支援に取り組む「NPO法人さなえ」の小川純人理事長を訪問。 小川理事長とは慶應大学の同窓でもあり、社会的弱者、生活困窮者、罪を犯した人たちが再チャレンジできる社会目指し、「NPO法人まもる」を2016年立されています。 また「NPO法人さなえ」は障がい者が自立した日常生活及び社会生活を営むための支援事業を行っており、障がいのある人もない人も、共に地域で暮らせる「自……つづきを読む

No.8100

医療・介護・障がい福祉の現場訪問(鳥取県境港市・米子市)

17日終日鳥取県西部地域廻り。午後から境港市の田口修介市議・足田のりゆき市議が同行。 境港市の生活介護「さかい孫の手」を見学。森尾宏子管理者・サービス管理責任者と懇談。 本年4月オープンし、利用者登録は16名。多様な障がい者の支援にきめ細やかなサポートをされています。障がい福祉で意見交換。 また米子市内にある錦海リハビリテーション病院 竹内茂伸副院長を訪問。錦海リハビリテーション病院は、脳卒中、老……つづきを読む

No.8097

鳥取西部地域での地場企業の声を伺う(鳥取県境港市)

17日午後から境港市を中心に挨拶廻り。田口俊介市議・足田のりゆき市議が同行。 地場企業を訪問。山陰アシックス工業(株)能勢忠敏社長、岡田康秀取締役では境港港湾整備・外国人労働等。 足田市議の同級生(有)環建の渡邊昇社長とは一般廃棄物・合併浄化槽・環境問題。 境港商工会議所副会頭の新和産業(株)奥森清社長は、海の物流・港湾、災害対策などで意見交換しました。 地元・現場の声を伺い、今後の施策に反映して……つづきを読む

No.8093

ニート、ひきこもりなど若者支援・地域共生社会実現拠点「いくらの郷」訪問(鳥取県南部町)

17日は終日鳥取県西部地域を廻りました。午前中は南部町の細田町議と挨拶廻り。南部町にあるニート、ひきこもりなど若者支援・地域共生社会実現拠点の「いくらの郷」を訪問。 坂本昭文所長(前南部町長)らから現状と今後について伺いました。 職場や学校になじめず社会に踏み出せないニートやひきこもりを支援する拠点、地域共生社会実現拠点「いくらの郷」が山陰で初めて完成し、本年5月からオープン。 南部町社会福祉協議……つづきを読む

No.8070

「ここから3―障害・年齢・共生を考える5日間―」展・見学(国立新美術館)(東京都)

6日午後、国立新美術館の1階展示室にて開催されている「ここから3―障害・年齢・共生を考える5日間―」展を見学。 主催は文化庁で、平成28年10月から開催し、本年で3回目。今回は「障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レズ」をサブキーワードに。 また「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会を考える機会となるよう企画されました。 村田善則文化庁次長、林洋子参事官らの案内で……つづきを読む

No.8067

平成30年度「障害者の生涯学習支援活動」文部科学大臣表彰(東京都)

平成30年度「障害者の生涯学習支援活動」文部科学大臣表彰式が4日文部科学省で開催されました。 同時に表彰者の事例発表会も行われ、大阪府のジェネシスオブエンターティメント(車いすダンス教室・講演会も開催)と島根県いわみ福祉会(芸能クラブ:いわみ神楽)が選ばれました。 開会前には、両団体にお祝いを伝えました。ジェネシスオブエンターティメントの坪田理事長ら車イスダンス出場者と島根県いわみ福祉会の高岩副理……つづきを読む