公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:要望 の記事

No.8582

愛媛県国営3事業の「南予用水」・「道前平野」・「道前道後用水」の予算要望(東京都)

愛媛県国営3事業の「南予用水」・「道前平野」・「道前道後用水」の要望活動で国会事務所に。(20日) 訪問者は、「南予用水地区国営施設機能保全事業協議会」 会長 大城一郎八幡浜市長、「道前平野地区国営緊急農地再編整備事業推進協議会」道前平野土地改良区理事長玉井敏久(西条市長)、 西条市丹原町土地改良区 越智一馬理事長、。「道前道後用水地区国営かんがい排水事業推進協議会」道前道後土地改良区連合白石勝也……つづきを読む

No.8580

「古民家の活用で地域活性化の促進を!」 徳島県古民家再生協会 金原代表理事と懇談(徳島県徳島市)

一般社団法人 徳島県古民家再生協会 金原建雄代表理事(ラッフルホームズ株式会社社長)を22日午前、訪問。 2017年以来交流を続けている金原社長。5月東京で開催した「山本ひろし励ます会」にも娘さんと出席いただいています。 一般社団法人 徳島県古民家再生協会は、全国各地域に残る日本の住文化である「古民家」を未来の子どもたちへ継承するために活動を行う各地の古民家再生協会で構成される全国団体(全国古民家……つづきを読む

No.8577

「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」本部を訪問。相談・居場所の現場を見学し、意見交換(東京都豊島区) 

20日午後、都内の巣鴨にあるKHJ全国ひきこもり家族会連合会 本部を公明党生活支援PT・障がい者福祉委員会で視察。 相談窓口の様子や居場所など支援体制を視察した後本部の池上理事・上田事務局長らとひきこもり支援で意見交換。 また事件を受けての要望書をいただきました。相談体制、居場所などの内容です。 「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」の本部には、「全国の家族や当事者たちから「引きこもりというだけで事……つづきを読む

No.8576

「公明党のネットワークで小さな声が実現!」在宅人工呼吸器使用者非常用電源整備事業として予算化(広島県広島市安佐南区)

広島市安佐南区にお住まいの小野さん宅を訪問。地元の栗原県議・碓氷市議が同行。(15日)小野さんは12歳になる重度心身障がい児(はると君)をかかえておられます。人工呼吸器、たんの吸引など医療的ケアの必要なお子さんです。 昨年の西日本豪雨災害等を受けて、人工呼吸器が長期停電時においても稼働できるよう、停電時に備えて簡易自家発電装置を対応してほしい旨の要望を 昨年の8月地元碓氷市議がお聞きしました。3時……つづきを読む

No.8574

「読書バリアフリー法成立へもう一歩!」衆院文部科学委員会で可決(東京都)

長年取り組んできた読書バリアフリー法案「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律案」が19日の衆議院の文部科学委員会で全会一致で可決。 最後は衆院本会議だけとなります。 読書バリアフリー法は、「障害の有無にかかわらず全ての国民が等しく読書を通じて文字・活字文化を恵沢を享受することができる」社会の実現に寄与するために、 視覚障害者等(発達障害・上肢障害等)の読書環境を整備するものです。 日本盲……つづきを読む

No.8572

「若者の声を政治に反映させる!」・「若者トークカフェ」を開催(広島県広島市)

15日広島市内にて「若者トークカフェ」を開催。広島市の男女青年が集い、若者の声を伺いました。 公明党クイズやYOUTH QESTION。「年金は大丈夫か? 奨学金・障がい者の雇用・共生社会の実現を目指して等など」皆さんの質問にお答えしました。 ボイスアクション結果報告も伺い、報告書をいただきました。防災・減災対策が一番多い声でした。ご協力ありがとうございました。 最後に山本ひろしの挨拶と全員の記念……つづきを読む

No.8562

平成30年7月豪雨災害 復興会議(広島県広島市)

平成30年7月豪雨災害 復興会議が15日午後、広島市内で開催。 参加者は、湯崎広島県知事、岡村広島市副市長、新原呉市長、天満三原市長、高垣東広島市長、今榮竹原市長、平谷尾道市長、佐藤府中町長、三村熊野町長、西田海田町長、財満坂町副町長ら被災地首長の皆さん。。 公明党から斉藤鉄男幹事長、田川県代表、栗原県幹事長はじめ出席の地元市議・町議らが参加。 田川県代表挨拶の後、講演「今後の土砂災害対策を考える……つづきを読む

No.8558

「核なき世界を共に!」日本被団協が要請(党合同会議)(東京都)

公明党の原爆被害者対策委員会(委員長:秋野公造参院議員)と厚生労働部会(部会長:高木美智代衆院議員)は14日、衆院議員会館で合同会議を開催。 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)から、核兵器の禁止・核廃絶などに関する要請を受けました。 日本被団協側は、日本政府が核廃絶の先頭に立つよう主張。原爆症認定制度の改善や、被爆者および被爆2世・3世に対する援護施策の充実など訴えられました。

No.8553

「令和2年予算概算要求に向けた発達障害児・者支援のための要望」根本厚労大臣へ(超党派議連)(東京都)

超党派の「発達障害の支援を考える議員連盟(尾辻会長)」は12日厚労省の根本厚労大臣・大口副大臣へ、申し入れを行いました。 公明党から副会長の私と事務局長の高木美智代衆議院議員が出席。申し入れた内容は「令和2年予算概算要求に向けた発達障害児・者支援のための要望」です。(下記内容) 要望実現にしっかり取り組んでまいります。 【医療】 発達障害の診断待ち解消に向け早急に取り組む 発達障害の医療ニーズに関……つづきを読む

No.8552

中国横断新幹線(伯備新幹線)整備に関する石井国土交通大臣要望(東京都)

12日午後、中国横断新幹線(伯備新幹線)整備に関する石井国土交通大臣要望に斉藤幹事長と共に同行しました。 中国横断新幹線(伯備新幹線)整備推進会議(会長:松浦松江市長)のメンバー。 松浦松江市長、中村境港市長、近藤安来市長、伊木米子市長、長岡出雲市長、陶山南部町長、松江市森分議長、出雲市川上議長ら。 公明党から篠原栄松江市議が出席。 石井大臣に要望書を提出。 「中国横断新幹線」及び「山陰新幹線」を……つづきを読む