公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:要望 の記事

No.10422

「柔道整復の療養費支給基準の改善を」全国柔道整復師連合会からの要望(東京都)

13日午後、一般社団法人 全国柔道整復師連合会(全整連)田中威勢夫代表理事、梅原一男氏が厚生労働副大臣室へ。 柔道整復業界に関する要望を伺いました。公明党から里見隆治・熊野正士両参議院議員が同席。 柔道整復師が取り扱う傷病に関して、療養費の支給基準で示される傷病は骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷しかなく、外傷で起きるテニス肘などの施術では正しい傷病名で請求できないとし、改善することなどの要望内容です。

No.10420

「六十谷水道管の落橋に関する要望」尾花和歌山市長・浮島衆院議員ら(東京都)

11日夕方、和歌山市の尾花正啓市長、公明党浮島智子衆議院議員、自民党門博文衆議院議員等が「六十谷水道管の落橋に関する要望」で副大臣室へ。 10月3日に和歌山市内の一級河川紀の川にかかる六十谷水道管橋の一部が崩れ落ち、市内の4割近くにあたる約6万世帯で断水等の影響が発生。 9日に各家庭への給水が再開されてましたが、六十谷橋を全面通行止めとしての応急復旧のため、早期の撤去及び本復旧が必要になっています……つづきを読む

No.10413

身体障害者福祉協会 下津江博会長と障害福祉で意見交換(広島県安芸高田市)

3日午前、広島県安芸高田市内を地元新田和明市議と挨拶廻り。安芸高田市身体障害者福祉協会 下津江博会長宅を訪問。玉重輝吉県議が同席。 下津江会長は、1964年11月、東京パラリンピックの第2部(国内大会)に出場し、陸上と競泳で計3個のメダルを獲得。当時は吉田高の1年生だそうです。 国・県に対する障がい者施策の要望を伺いました。 内閣府・厚労省・総務省・国交省警察庁・広島県への要望です。 厚労省の要望……つづきを読む

No.10409

「医療的ケア児支援に全力!」広島県安芸高田市廻り(広島県安芸高田市)

3日午前、広島県安芸高田市内を地元新田和明市議と挨拶廻り。 医療的ケア児の母親である橋本亜紀子さん宅を訪問。次女の優亜さんは医療的ケアと自閉症の複合障がいがあります。 預かる場所がなく、学校はオンライン授業など大変ご苦労をかけながら子育てをされています。同じような悩みの方々にも共に相談にのり、寄り添われる橋本さんです。 本年、医療的ケア児支援法が6月成立し、支援の広がりが始まったばかりですが、約2……つづきを読む

No.10408

「可部古民家情報バンク事業でまちづくりに挑戦」古民家再生協会広島 貴船一樹代表理事と懇談(広島市安佐北区)

3日夕方、広島市安佐北区にある一般社団法人古民家再生協会広島の貴船一樹代表理事(キブネ建設社長)を訪問。 一般社団法人古民家再生協会広島では古民家や古材を通じて、失われつつある日本の伝統建築を守り、先人たちの知恵を次世代へ継承することを目的として発足。 また貴船さんは、安佐北区可部地域の「可部古民家情報バンク」事業を立ち上げました。運営団体は「可部夢街道まちづくりの会」。 「山里の恵みと旧雲石街道……つづきを読む

No.10405

「ピアサポート事業の要望」(発達障害当事者協会の方々と懇談)(東京都)

発達障害当事者協会の方々が30日夕方、副大臣室に来訪。参加者は、発達障害当事者協会から嘉津山具子氏、金子磨矢子氏(Neccoカフェ主催)。前東京都発達障害支援センター長の山崎順子氏。「ピアサポート事業に関する要望書」を持参され、発達障害支援で意見交換しました。(下記要望内容) 「ピアサポート事業は同じ悩みを持つ本人同士や家族が互いに支え合う場を提供する極めて有意義な事業です。民間事業体として当事者……つづきを読む

No.10404

社会福祉法人 三矢(さんし)会 太田川学園 内田理事長と懇談(広島市安佐南区)

広島市安佐南区にある社会福祉法人 三矢(さんし)会 太田川学園を訪問。(3日)地元川本和弘市議が同行。 内田健二理事長と障がい者福祉で意見交換致しました。2016年訪問以来2度目です。 太田川学園は,昭和43年4月に創立され,知的障がいの方に対して,施設入所支援,生活介護,短期入所,就労継続支援,共同生活援助といった福祉サービスを行っています。利用者は約350名,職員は230名で,広島県では有数の……つづきを読む

No.10402

「3回目接種 準備万全に!」公明党新型コロナウイルスワクチン接種対策本部(東京都)

公明党新型コロナウイルスワクチン接種対策本部(本部長:石井幹事長)の会合に副大臣として出席。(29日) 石井幹事長の挨拶の後、副大臣として挨拶。 ワクチン接種の現状と今後について。特に3回目接種、交互接種の検討状況などで意見交換致しました。

No.10399

「風しん対策に関する要望書」3団体からの要請(東京都)

29日午後「風しん対策に関する要望書」を各団体の方々が持参。公明党から古屋範子副代表、伊佐進一衆議院議員(厚生労働部会長)が同席。 【参加団体】 風しんをなくそうの会Hand in hnand共同代表 加児佳代氏、大阪メンバー大畑茂子氏、事務局 吉川恵子氏 千葉県保険協会(岡野会長)から細部小児科クリニック院長  細部千春小児科医(文京区)。 VPDを知って子どもをまもろうの会(菅谷理事長)から事……つづきを読む

No.10396

「離島振興法改正・延長実現に関する要望書」全国離島振興協議会(全離島)の荒木会長らの来訪(東京都)

30日、全国離島振興協議会(全離島)の荒木耕治会長(鹿児島県屋久島町長)、野口市太郎副会長(長崎県五島市長)、渡辺竜吾副会長(佐渡市長)、小島専務理事らが国会事務所に来訪。 令和4年度末をもって失効となる「離島振興法改正・延長実現に関する要望書」について要望を伺い、離島航路等の支援などで意見交換しました。