公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:要望 の記事

No.9252

国際拠点港湾 徳山下松港 令和2年度予算 54.3億円(山口県周南市、下松市、光市)

国際拠点港湾 徳山下松港の令和2年度予算が54.3億円計上されました。(31日公表) 2015年3月に現地を視察し、国際バルグ港湾の重要性を認識し、その整備のさらなる拡充を強く求めていた徳山下松港(山口県周南市、下松市、光市)。 国際戦略バルク港湾 徳山下松港新南陽地区にある(株)東ソーを視察(山口県周南市) 平成28年度予算として、下松地区の新規予算をはじめ、徳山地区、新南陽地区の整備拡充など「……つづきを読む

No.9239

一般社団法人 日本旅館協会 四国支部連合会 新山富左衛門会長・愛媛県支部 大木勝也支部が要望(東京都)

故郷愛媛県から23日、一般社団法人 日本旅館協会 四国支部連合会 新山富左衛門会長、愛媛県支部 大木勝也支部長(ホテル葛城)が来訪。 新型コロナウイルスの観光業・ホテル業の影響と要望を伺いました。 道後温泉旅館協同組合の新山富左衛門理事長(愛媛県経済同友会代表幹事:古湧園社長)から道後温泉旅館協働組合のキャンセル(3月~5月分)が約6万件。 宴会なども763件。宿泊業界未曾有の危機の実情を伺い、下……つづきを読む

No.9237

聴覚障がい者の情報保障・コミュニケーション支援に取り組んでいる(株)プラスヴォイス三浦宏之社長が来訪(東京都)

聴覚障がい者の情報保障・コミュニケーション支援に取り組んでいる(株)プラスヴォイス の三浦宏之社長・影山健氏が国会事務所に来訪。(23日) 三浦社長とは2013年仙台本社の視察以来、交流をさせていただいています。 窓口での遠隔手話、筆談(UD手書き)、音声認識(UDトーク)と電話リレーサービスで問い合わせができる耳の不自由な方をトータルで支援する取り組みを先駆的に実施されています。 東京新宿でのコ……つづきを読む

No.9235

「観光業界の新型コロナウイルス感染症の影響と対応」寒霞渓 佐伯社長らと懇談(香川県小豆島町)

21日小豆島へ。地元柴田小豆島町議と挨拶廻り。 「寒霞渓」を経営する小豆島総合開発(株)佐伯直治社長らと懇談。新型コロナウイルス感染症の状況を伺いました。 海外からの観光客は0.国内からもキャンセルが続出。食事エリアも閉鎖し、大幅な減収に。 すぐ発表された政府の経済対策を活用。 このような状態がいつまで続くのか。不安の声を伺いました。 懇談の中で、公明新聞が新型コロナウイルス対策について、分かり易……つづきを読む

No.9234

「福祉分野での新型コロナウイルス感染症の影響と対応」川西会長と懇談(香川県小豆島町)

21日小豆島へ。地元柴田小豆島町議と挨拶廻り。。 社会福祉法人 サンシャイン会の川西基雄理事長を訪問。 川西理事長は香川県災害福祉支援ネットワーク協議会会長。香川県社会福祉法人経営者協議会会長、香川県社会福祉協議会副会長を兼務。  「新型コロナウイルス感染症の影響と対応など」の取組みを伺いました。 サンシャイン会臨時学童クラブをサンリゾート地域交流スペースで3月3日=24日の月~土の7時30分~1……つづきを読む

No.9224

「宿泊キャンセル急増、48年間で未曽有の事態」香川県観光協会三矢会長と意見交換(香川県高松市) 

14日午前、高松市西宝町にある喜代美山荘「花樹海」の代表取締役三矢昌洋会長を地元広瀬良隆県議と訪問。 三矢会長は香川県観光協会会長、香川県ホテル旅館生活衛生同業組合理事長など歴任。故郷が私と同じ愛媛県南予地域(宇和島出身)で、2007年以来交流を続けさせていただいています。新型コロナウイルス感染症の観光業の影響や要望を伺いました。 県100施設を対象にした2月29日時点の調査で、91施設でキャンセ……つづきを読む

No.9223

「第2回慢性の痛みに関する勉強会」慢性疼痛患者(団体・当事者)よりヒアリング(東京都)

12日夕方、「第2回慢性の痛みに関する勉強会」が衆議院議員会館で開催。 自民党の野田聖子元総務大臣ら超党派の勉強会で公明党を代表して発起人になっています。 【当日の内容】 1.慢性疼痛患者(団体・当事者)よりヒアリング。 ・NPO法人ブーゲンビリア 内田絵子統括理事長。脊椎損傷後疼痛患者当事者・心療内科医専門医 今崎牧生医師、 ・難治性疼痛患者支援協会ぐっどばいペイン 若園和朗代表理事、浅枝まり子……つづきを読む

No.9222

「放課後等ディサービスにおける新型コロナウイルス感染症の影響について」厚労省と意見交換(東京都)

NPOおやじりんく 金子訓隆代表理事が国会事務所に来訪。(12日) 新型コロナウイルス感染症の影響について、放課後ディサービス等を運営している金子氏と厚労省の担当者との意見交換会。 一斉休校の影響で母親が自宅で子供の面倒を見るなどの理由で、利用のキャンセルが増えている事業所が減収になる点の心配について。 2月27日、28日の厚労省通知では事業所に来なくても電話などの支援をしている場合はカウントされ……つづきを読む

No.9218

「スマートシティたかまつ・高齢者デジタルデバイド対策」視察(香川県高松市)

7日午前高松市役所を訪問。4人の高松市議(中村伸一・春田敬司・中村秀三・田井くるみ)が同席。 「スマートシティたかまつの取組み、高齢者のデジタルデバイド対策(情報格差)について」高松市の小澤次長、田中ICT推進室長、NTTドコモ四国支社 堀野法人営業部長、NTTドコモショップ 金房勅使店長、市民団体 Code for Sanuki 英誠一郎氏から概要を伺い、意見交換。 【スマートシティたかまつの取……つづきを読む

No.9202

障がいの児を抱える親の会の方々と懇談(香川県観音寺市)

29日午後、観音寺市内の認定こども園・くれよんこども園へ。友枝園長と香川県西部養護学校のPTA会長はじめ保護者の方々と懇談。地元観音寺市の石山秀和・白川雅仁市議が同席。 養護学校に通う保護者より、 ・放課後ディサービス等が少ない。(日数を減らされる。スタッフ不足) ・卒業後の行き場(就労系)がない。 ・日中一時の増設。グループホームがない。(住まいの不安) ・親亡き後が心配等など。 課題や要望を伺……つづきを読む