公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4143

「日本全国の子ども達が平等に「子ども・子育て支援新制度」の恩恵を!」 春野学園 西岡園長と懇談(高知県高知市)


春野学園1


春野学園2


春野学園3


午後から高知市内の認定こども園 春野学園を訪問。新装なった春野学園には初めてで、木造りで広々とした、明るい園に大変驚きました。

西岡 百合園長の案内で園内を見学。今までの園は0~2歳児用で隣接し、3~5歳児が新しい園へ。定員も90名から130名に拡大し、広々とした教室には元気な子ども達が笑顔で迎えてくれました。


意見交換


子ども達と


木造りの園


見学後、子育て支援で西岡園長と懇談。

認定こども園地方裁量型園長会の会長としての立場からも
「子ども・子育て支援新制度について」の政府へ要望書を提出した現状を伺いました。(要望書の内容)

・「市町村子ども・子育て支援事業計画」作成時において、認定こども園地方裁量型を利用している子ども達を、広域入所等も十分に鑑みたうえで、市町村が確実に必要な需要と認めるよう、各市町村へ指示してほしい。

今後、園長会として「子ども・子育て支援新制度」の内容と課題について、政府と意見交換できる場の設定の要望も伺いました。

先取りプログラムで春野学園は国・高知市の支援で今まで支援がまったくない時代から約月200万円の支援がされるように大きく環境も変わった事に対して、公明党の取組みに大変感謝されておられました。しかし地域によっては実施してない地域もあり平等でない現実もあります。

これから更に日本全国の子ども達が平等に「子ども・子育て支援新制度」の恩恵が受けられるよう連携をしながら進めてまいります。



コメント