公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3864

4・2「世界自閉症啓発デー」東京タワー ブルーライトアップに安倍総理と出席(東京都)


東京タワー1


東京タワー2


4月2日は国連の定めた「世界自閉症啓発デー」。
昨年国会質問でも取り上げたテーマ(国民の皆様への理解・啓発)。


東京タワー周辺(雨での準備)


平成19年、国連総会において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われている。

具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っている。


安倍総理あいさつ


安倍総理2


世界自閉症啓発デー


夜、東京タワーにてブルーライトアップの行事が行われ安倍総理が出席。画期的なことである。


山崎会長(自閉症協会)


超党派議連役員紹介


点灯式には田村厚労大臣・山崎自閉症協会会長も。私も超党派の発達障がい者議連の副会長として同席。


点灯式


点灯


世界中の都市がブルーに染まり、 自閉症をはじめとした発達障害への理解を深めるための、 様々な取り組みが行われた。


キャンドル


<Warm Blue>
自閉症の人たちが持つ人間らしい あたたかさと重ねて「Warm Blue」と名付けている。 「ブルーが持つイメージは?」と聞かれたら、 多くの人は「涼しい」とか「クール」と答えるかもしれません。 でも、あたたかいブルー、情熱的なブルーもきっとあるはず。 人を先入観で判断しないで、まっすぐ向き合って欲しい。 そんな願いを「Warm Blue」に込めているそうです。



コメント