公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3264

「被爆体験者」へ支援/谷合氏ら 原告団の要請受ける

 <これまでの活動記録>

被爆体験者の支援について要望を受ける谷合氏(右側中央)ら=27日 衆院第2議員会館
公明党の原爆被害者対策委員会(谷合正明委員長=参院議員)は27日、衆院第2議員会館で「全国被爆体験者訴訟原告団」の上戸大典団長らと会い、「被爆体験者」の支援に関する要望を受けた。

被爆体験者とは、爆心12キロ圏内で長崎原爆に遭ったものの、国の指定地域外であるため「被爆者」と認められていない人々のこと。

原告団側は、被爆者健康手帳の交付を求めた訴訟で長崎地方裁判所が25日、請求を退ける判決を出したことを報告。「原告団として控訴審を闘っていく」とした上で、被爆体験者の健康被害対策などを求めた。

谷合委員長は「原告団の方々が高齢化していることも踏まえ、スピード感を持って対応したい」と話した。

 (2012年6月28日付 公明新聞より転載)



コメント