公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1326

商店街活性化・障がい者施策充実へ現場の声を伺う(香川県高松市)


マリンライナーから見る瀬戸内海と大橋


朝、品川駅を新幹線で出発。岡山駅経由でマリンライナーに乗り高松駅へ。瀬戸大橋から望む瀬戸内海はいつ見ても癒される景色である。


小西理事長と意見交換


市内で障がい者施策について社会福祉法人「あゆみの会」小西理事長と懇談。「あゆみの会」は通所授産施設「あゆ園」などを運営している。

1.知的障がい者の就労支援では職業訓練校の充実
2.現在実施中の就業・生活支援センターの実情と今後の対策
3.県営住宅を活用したグループホームの開始状況と課題
4.障がい者と高齢となった両親との共助の仕組み等など

大変示唆に富む貴重なアドバイスや要望を伺う。


高松丸亀町商店街振興組合にて懇談


商店街視察


高松丸亀町壱番街丸亀ドーム


その後、市内の高松丸亀町商店街振興組合 古川理事長と意見交換。他県から行政視察も含め何千人と訪れる高松丸亀町商店街振興組合。理事長の大胆な発想とチームワーク・地道な取組みで前進されている様子や秘訣をお聞きする。


高松駅前街頭


夕方から街頭演説


夕方は高松駅前の街頭演説。「新体制の公明党・鳩山政権への対応・新型インフルエンザ対策に全力で取組む公明党など」訴える。握手を求めてくれる方や「頑張って。」との声援もいただき、地道な活動継続の大事さを痛感。

夜は支持団体の4箇所の小会合に参加。感謝と共に公明党再生への決意の挨拶をさせていただく。



コメント