公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1024

高知県幡多地域での新春年賀会(香川県高松市・高知県四万十市)


大歩危・小歩危(南風号から)


雄大な四万十川


太平洋


高松駅から高知駅経由で中村駅へ。特急南風号で電車だけで4時間以上かかる。途中、大歩危・小歩危を通りながら、四国縦断の旅となる。山々を越え、高知からさらに西へ向う。


幡多総支部新春年賀会


挨拶


国政報告


本日は公明党幡多総支部の新春年賀会に石田議長(衆議院議員)と参加する。

幡多地域は高知県西南に位置し、四万十市を中心に6市町村(四万十市・土佐清水市・宿毛市・黒潮町・大月町・三原村)からなる。また四万十川など自然豊かな地域でも有名である。
私の故郷が隣県の愛媛県南予地域で同じ産業・文化圏であり大変親しみを感じる。また道路・医療・介護・農・漁業・高齢化など地方の格差などの問題も共通の課題である。


澤田四万十市長


石田議長


赤松衆議院議員


澤田四万十市長・西村土佐清水市長など来賓の皆さまの挨拶の後、公明党からは赤松党中央幹事(衆議院議員)・石田議長から国政報告がある。私は日頃の公明党へのご支援の御礼と共に介護従事者の待遇改善等の国政の活動を報告させていただく。


皆さまと懇談


多くの幡多地域の皆様と懇談の機会がもて、要望やご意見もお聞きする事が出来た。さらに幡多地域の活性化の為にお役に立つ活動・仕事をしてまいる決意である。



コメント