公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.787

衆議院選大勝利へ、公明党四国夏季議員研修会が開催(高知県南国市・香川県高松市)


四国夏季議員研修会


高知県南国市


本日は2008年公明党四国夏季議員研修会が高知県南国市にて開催された。

四国より115名の地方議員をはじめ、党職員・秘書など四国の公明党関係者が一同に集い、今後の戦いの勝利への研修会を実施した。


池脇高知県代表挨拶


衆議院選の取組みについて


あいさつ


朝11時から夕方まで3回に分けて研修会があった。午前中の第1回研修会では地元高知県池脇代表より開講の挨拶からスタート。
「衆議院選挙への取組み」について話しをさせていただく。「常在戦場で、この夏議員率先で訪問対話・街頭演説に」と訴える。


北側幹事長


議員からの質問に丁寧に答えられる北側幹事長


北側幹事長からは勝利へ様々な観点からの話しがあり、議員からの質問に丁寧に応えられた。「よしやるぞ!」との息吹がみなぎる。


高知県代表街頭演説報告


また午後の研修では各県代表から企業拡大や街頭演説に取組む活動報告があり、懸命に支援拡大に頑張られる姿に、深く感銘を受けた。


石田議長


公明パンフの説明


その後重要政策について石田議長と手分けして説明と意見交換を進める。石田議長は長寿医療制度について。私は「障害者自立支援法の見直し・介護従事者改善・公明パンフのポイントなど」を中心にお話しする。


勝ち鬨


夕日


最後は全員で勝ち鬨を。全体集会が終了したのが16時過ぎ。四国の今後の支援拡大への充実した研修会となった。帰りの夕日がきれいであった。



コメント