公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.789

対話、街頭演説を強化/北側幹事長 今夏の取り組み要望/四国夏季議員研修会

 <これまでの活動記録>

四国夏季議員研修会であいさつする北側幹事長(左)
 公明党の北側一雄幹事長は13日、高知県南国市内で開催された四国夏季議員研修会に出席した。これには、石田祝稔方面議長(衆院議員)、山本博司同副議長(参院議員)らが参加した。

 北側幹事長は、次の戦いの勝利に向け7~8月の日常活動が重要であるとして、(1)内外にわたる積極的な対話運動(2)党を発信していく街頭演説――の2点を強調し、「一人一人が歩きに歩き、語りに語って、全党を挙げて徹底して取り組み、次期衆院選勝利の因をつくりたい」と訴えた。

 また、参加者との質疑応答では、公務員制度改革や介護従事者の報酬アップなどがテーマに。
 特に国民生活を直撃している原油価格高騰への対策について北側幹事長は、「喫緊の課題として、中小企業に対する金融支援、福祉ガソリンなど徹底した手当てを行っていきたい」と答えた。
 同研修会では石田議長、山本副議長を中心に長寿医療制度(後期高齢者医療制度)や障害者自立支援法など重要政策課題についても真剣に研さんした。

 (2008年7月15日付 公明新聞より転載)



コメント