公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.240

眉山を見ながら徳島市・鳴門市を廻る/チャレンジドの社会参加と就労促進を(徳島県徳島市・鳴門市)




特急しまんと号で徳島へ。長尾県会議員・梶原市会議員と共に企業・各種団体などを訪問。鳴門市にあるNPO法人JCI Tereworkers’ Networkを視察・懇談をする。猪子和幸理事長以下スタッフの方々より活動の様子を伺う。障害者の方が在宅での社会参加と就労の実現を目指し、活動を進めており、220名の会員が登録。内障害者が60-70%の割合という。チャレンジドの社会参加と就労というテーマに真摯に取組む姿に感銘を受ける。車いすの障害の方々が明るく、パソコンを操作し、その陰にスタッフの方が支援されている。印刷物の作成、Webサイトの設計・更新、点字シール貼付の名刺作成、移送・介助支援等、幅広い仕事に挑戦されている。意欲的な取組みに希望の光を感ずる。今後JCIの取組むチャレンジドの社会参加と就労が全国に広がるよう国・県・市の支援を進めたい。




徳島市の有名な眉山を見ながら廻る。眉山はどの方向から眺めても眉の姿に見えることから、その名がついたといわれる。徳島市のシンボル的存在として親しまれている。2007年にはさだまさし原作でこの眉山を舞台にした映画「眉山-びざんー」が公開されている。
夕方の眉山も月が映えて大変美しい。夜、若き女性の方々と懇談。若者の女性の声・要望をお聞きする。



コメント