公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.194

浦島伝説の荘内半島を駆け巡る (香川県三豊市詫間町・仁尾町)




香川県三豊市詫間町・仁尾町を中心に企業・団体等を訪問。詫間町は「花と浦島の里」というように、浦島太郎の伝説の地で有名。かつて「浦島」と呼ばれた荘内半島には、浦島伝説ゆかりの地名や遺跡などが数多く残っている。主人公・浦島太郎が産声を上げたのは燧灘を望む漁村の「生里(なまり)」。太郎が「鴨(かも)の越(こし)」で、いじめられていたカメを助け、玉手箱を「箱浦(はこうら)」で開け、箱の中から白煙が立ち上がり、紫の雲となり、「紫雲出山(しうでやま)」になびいた。等ゆかりの地名が多い。



その荘内半島から望む瀬戸内海のきれいな海と島々。風光明媚で美しい風景が続く。地元企業三宅工務店を視察・懇談を。挨拶の後、社員の皆様と記念撮影を。その後、仁尾町で語る会を開催。多くの地元の方達と交流をし、記念の写真を撮る。詫間町でも2箇所で語る会を開催。多くの励ましを受ける。温かな日差しを受けながら、1日中浦島伝説の荘内半島を駆け巡る。



コメント