公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.145

「四国三郎」吉野川流れる徳島・元気なお年寄りの方々との交流(徳島県徳島市・板野郡・名西郡)




早朝、高松駅に。朝日がビルから射しこむ風景が眩しい。特急うずしお号で徳島へ。徳島市を中心に地元中本美保子徳島市会議員と土井昭一県青年局次長と共に廻る。板野郡の企業・支持者宅を訪問後、名西郡石井町にある、シノハラ機能訓練ディサービス(在宅保険適用施設)を視察。徳島県接骨会 篠原敏夫会長の案内でディサービスに来られている方々と交流。またスタッフの方々とも懇談をする。


元気にマイクを持ち、カラオケを全員で歌っておられ、高齢者の方々がいきいきと過ごされている姿はこちらも元気になる。途中、徳島を流れる吉野川を何度も通る。吉野川は古くから「四国三郎」と呼ばれ、利根川の坂東太郎、筑後川の筑紫次郎とともに日本の三大河川に数えられている。全長194キロ。清流四国一でもある。
本日も温かな天気の中、澄み切った空気を吸いながら、多くの方々との交流が出来、素晴らしい1日だった。



コメント