公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5961

「離島振興へ全力!」隠岐の島7度目の訪問⑤隠岐の島町メガソーラー発電事業(島根県隠岐の島町)

7度目の訪問となった隠岐の島。メガソーラー事業を松田町長らと視察。(16日)公明党の遠藤力一県代表・吉野和彦県議・佐々木厚子安木市議も同行。

隠岐の島町では、地域経済の活性化や環境にやさしいまちづくりの観点から再生可能エネルギーを積極的に導入推進しています。更なる導入を図るため、島根県から旧隠岐の島空港滑走路跡地を借り受け、メガソーラー発電事業を行う事業者を公募提案方式により決定し、平成27年9月より発電事業を開始しました。

旧空港滑走路跡地に2事業者A工区【旭メガソーラー隠岐発電(株)】、B工区【隠岐一畑交通(株)・一畑電気鉄道(株)】。想定年間発電量:約180万kWh×2箇所=約360万kWh(約1000世帯の年間電力量に相当)

メガソーラー導入により、町では固定資産税の税収があります。県では未利用の公共財産を有効活用でき、用地賃貸料収入があります。さらに環境教育に活用できると共、日本初の先進的な取組みであることから、視察や観光による来場者の増加も期待できます。CO2排出削減、エネルギーの自給率の向上などの効果が期待できます。

さらに異なる2種類の蓄電池を組合せた日本初の「ハイブリッド蓄電池システム実証事業」(環境所の補助事業)の実施により、隠岐諸島全体で電気量を賄うエコの島を目指しています。今後のプロジェクトの進展を見守り、支援を進めたいと思います。

メガソーラ事業視察
メガソーラ事業視察
メガソーラ事業視察
メガソーラ事業視察
メガソーラー発電事業
メガソーラー発電事業
メガソーラー発電事業
メガソーラー発電事業


コメント