公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2596

「福島警戒区域内における家畜の現状と対策」獣医師会等からヒアリング(東京都)


東京電力福島第一原子力発電所災害対策本部・動物愛護管理推進委員会合同会議


切実な現状と要望を伺う


夕方、東京電力福島第一原子力発電所災害対策本部・動物愛護管理推進委員会合同会議が行われ、「福島警戒区域内における家畜の現状と対策について」ヒアリング。

社団法人 日本獣医師会 山根会長より要望を伺う。(下記内容)

原発事故で半径20キロ圏内は警戒区域となり、立ち入り禁止。多数の家畜が放置されている。所有者の同意を得ての安楽死の方針が示されているが、現時点で安楽死牛は70頭のみ。多数の家畜が生存し、十分なエサや水も与えられず餓死を待つ事態。動物福祉・愛護の観点から生命の尊厳をないがしろにする行為。下記要望する。

「警戒区域からの家畜の移動等について」

①警戒区域外への家畜の移動
②警戒区域内での家畜の飼育
③安楽死処分の迅速化
④死亡畜の埋却

また農水・環境・経産省など関係省庁からも説明を受け、意見交換。

あまりに政府の対応の遅さにあきれる。対応を真剣に協議。要望実現に全力で取組みたい。



コメント