公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2069

「在外」も平等な援護に/被爆者団体と意見交換/斉藤氏ら議員懇

 <これまでの活動記録>

在外被爆者団体と意見交換する斉藤氏ら(向こう側)=25日 参院議員会館
超党派の「在外被爆者に援護法適用を実現させる議員懇談会」(会長=斉藤鉄夫・公明党幹事長代行)は25日、参院議員会館で総会を開き、在外被爆者の関係団体と意見交換した。公明党から斉藤会長と谷合正明参院議員(同会事務局次長)らが同席した。

席上、在外関係者は「被爆者はどこにいても被爆者。一日も早く、在外被爆者が国内の被爆者と同様、平等に援護が受けられるようにしてもらいたい」と述べ、(1)医療費支給の上限額撤廃(2)日本政府からの真摯な謝罪(3)北朝鮮に住む被爆者への人道的医療支援――を要望した。

これに対し、斉藤会長は「要望の実現をめざし、国会論戦などを通じて頑張っていきたい」と決意を語った。

 (2010年11月26日付 公明新聞より転載)



コメント