公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.673

厚生労働委員会で午前・午後2回の質問・皆様の声を国政に反映へ(東京都)

本日は厚生労働委員会が10時から17時まで開催された。


午前中の質問


厚生労働委員会午前の質問


舛添大臣午前の答弁


午前中は政府法案の質疑。
「戦没者の父母に対する特別給付金支給法の一部を改正する法律案」と「駐留軍関係離職者臨時措置法および国際協定の締結等に伴う漁業離職者に関する臨時措置法の一部を改正する法律案」の2本で20分の質問をする。
全会一致で賛成の採決になった。


午後の厚労委員会での質問

午後からは一般質問で「視覚・聴覚障害者の方の支援策と若年雇用対策について」30分質問する。四国・中国を廻った中での質問をする。

舛添大臣答弁

特に視覚障害者が多く従事する「あんまマーサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の「あはき業」を取り巻く状況が厳しく特に無資格者の横行への対応や聴導犬や盲導犬などの補助犬の普及促進や補助犬法の遵守など視覚・聴覚障害者への支援策を質問。具体的な答弁をもらう。
後半は公明党が力を入れて取組む若年者雇用(ニート・フリーターなど)対策について1つ1つ質問。舛添大臣の答弁をもらう。

今後も皆様の貴重な声をとりあげていきたい。


「ハンセン病対策検討PT会議」


坂口副代表と


また本日「ハンセン病対策検討PT会議」が開催された。坂口副代表とともに参加する。

全国ハンセン病療養所入所者協議会宮里会長・ほか弁護団・原告団等関係団体の皆様との意見交換が中心である。私も先週大島青松園を訪問したばかりで、今後のハンセン病入所者の皆様の要望実現に全力で取組んでまいりたい。

参議院会館事務所には昨日は愛媛県の宇和島市石橋市長・本日は新居浜市佐々木市長の来訪があった。



コメント