公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.576

暫定税率の堅持めざす/斉藤政調会長 政局優先の政治許されぬ/党島根県本部が賀詞交歓会

 <これまでの活動記録>

あいさつする斉藤政調会長
 公明党島根県本部(三島治代表=県議)の賀詞交歓会が27日、島根県松江市内で盛大に開催された。これには斉藤鉄夫政務調査会長、桝屋敬悟衆院議員、谷合正明、山本博司の両参院議員らが出席した。
 斉藤政調会長は道路特定財源について、道路整備の精査を前提に「地方の活性化のために必要なものは必要」と強調し、暫定税率の堅持をめざす考えを強調した。
 また民主党が、暫定税率維持などを盛り込んだ税制改正法案の採決を拒否する姿勢を示していることについて、「全く国民生活を無視した政局絡みの作戦だ。国民生活を人質にした政局優先の政治は許されない」と厳しく批判。「日本の景気が世界から信用を失うことになってはならない」と訴えた。

 (2008年1月28日付 公明新聞より転載)



コメント