公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.468

若林農水大臣に「農家の経営安定化等を目指す申し入れ」を行なう(東京都)


若林大臣 要望の説明

午前中、公明党農水部会として若林農水大臣に「農政改革4対策の見直しに関する申し入れ」を実施する。内容は4項目で多様な担い手が支える地域農業を目指し、農家の経営安定化に資する項目である。
1.小規模農業者などの支援 2.米政策改革の一層の推進 3.品目的横断経営安定対策の見直し 4.農地・水・環境保全向上対策の拡充 である。若林大臣は十分配慮していく旨、約束される。

厚生労働より内容説明

午後からは衆議院で可決され、参議院に送られた労働契約法案・最低賃金法の改正法案の内容説明を厚労省より受ける。来週以降委員会での審議に役立てていきたい。さらに「国土交通部会・21世紀の道路等を考えるPT」に参加。国土交通省宮田道路局長等より、道路整備中期計画について説明を受け、意見交換を進める。安全・安心の確保や地域の自立と活力の強化のために生活幹線道路ネットワークの形成等様々な内容となり、10年間で65兆円の事業規模となる。今まで中国・四国の皆様から道路整備への陳情・要望等受けていたが、必要性を痛感する。今後、国民の皆様に納得される議論を進め、対応してまいりたい。



コメント