公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.172

四国最南端 足摺岬・日本最後の清流四万十川の高知へ(高知県宿毛市・幡多郡大月町・土佐清水市・四万十市)




本日は高知県西南地域を廻る。宿毛市の企業などを地元公明党宿毛支部野々下まさふみ副支部長と共に訪問。(株)立田回漕店 取締役 立田敬二会長・晴久専務とは海運業の現状と今後の対応についてお話しをうかがう。宿毛商工会議所 竹村建司会頭とは地元の雇用促進をはじめ、地方活性化への支援を依頼される。

さらに宿毛市から土佐清水市へ。途中叶崎から見える光景・特に太平洋の海の広がりに驚く。さらに足摺半島へ。四国の最南端の足摺岬。足摺・宇和海国立公園に指定されている地域だけに、自然の素晴らしさと雄大さに本当に癒される。ホテル・民宿関係者の方々と懇談。




その後、土佐の小京都と呼ばれた(旧中村市)四万十市へ。四万十川の清流を横目に風情があり、自然環境に恵まれているまち・四万十市。人口37,917人。沢田五十六市長を表敬訪問。地方行政など種々懇談。記念撮影を。雄大な自然に満喫の1日だった。



コメント