公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.151

障害者施設(作業所・工房・親の会)などを視察・懇談(愛媛県宇和島市)




本日は曇り後、夕方より雨の天気。愛媛県宇和島市へ。宇和島市は、愛媛県西南部に位置しており、北は西予市に、東は鬼北町・松野町、南は愛南町・高知県宿毛市・同県四万十市に接している。西は宇和海に面し、入り江と半島が複雑に交錯した典型的なリアス式海岸が続いている風光明媚な地域である。人口は9万1074人。闘牛でも有名である。

宇和島市の障害者施設を地元松本市議と共に視察・懇談を重ねる。社会福祉法人八つ鹿会「八つ鹿工房」で生活支援員で社会福祉士の古川智章氏に現状をお聞きし、障害者の方が工房で元気に作業される現場も視察する。販路拡大も含め、運営費を切り詰めながら取組まれるスタッフのご苦労に頭が下がる。



社会福祉法人はまゆう会「はまゆう共同作業所」も訪問。谷忠夫所長より、状況と課題をお聞きする。さらにNPO法人たんぽぽ「たんぽぽ作業所」にて中心に運営されているお母様達と懇談。15年間小規模作業所から立ち上げられたご苦労と親亡き後の心配を涙ながらに訴えられる姿に目頭が熱くなる。
また吉田町手をつなぐ育成会の山本和美会長とも懇談。平成16年開所のオープンスペース「きゃっち」で週3回活動されている状況など一生懸命頑張られている姿に感銘を受ける。
どの障害者関係者も障害者が元気で幸せに暮らせる為に、これ以上出来ないほど懸命に努力されている。政治が本当に深く関わり、親の方が早く安心出来る環境を整備する事を強く強く決意する。



コメント