公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”消費者行政” がつけられた記事

No.3983

森田実氏を迎え、公明党時局講演会(香川県高松市)

公明党時局講演会が高松市穴吹大ホールで開催された。 政治評論家 森田実氏の講演の後、挨拶。 2500名を超える方々が最期まで熱心に聞いていただく。 最後は勝利への勝鬨。皆様大変にありがとうございました。

No.3970

南国高知県まわりで山本ひろしトリオと再会(高知県南国市・高知市)

早朝高松を出発し高知県へ。本日は終日高知県内をまわる。午前中南国市・高知市で、医療・介護現場等を訪問。 南国中央病院では、山本ひろし(浩志)院長と再会。公明党議員OBの山本ひろし(弘志)元市議も同席。(西原南国市議も同行) 3人の山本ひろしの再会は久しぶり。同姓同名でまた話しが弾む。 (2007年の訪問のブログ) https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/……つづきを読む

No.3960

「愛媛県難病等患者団体連絡協議会」管裕子会長来訪(東京都)

「愛媛県難病等患者団体連絡協議会」管裕子会長・河野事務局長が国会事務所に来訪。 請願集会を終え、真っ先に請願書の署名簿をもって訪問いただく。 愛媛県難病連は、腎臓病・パーキンソン病・筋無力症など12団体2600名からなる協議会。 難病支援に全力で取組んでまいりたい。

No.3954

「食品表示改正についての要望書」と署名簿を持参 (東京都)

NPO法人 子どもの未来を守る会 菱木理事と笹井岡山県議と共に消費者庁を訪問。 「食品表示改正についての要望書」と署名簿(2890筆)を持参し、松田次長に要望をお話しした。 今国会で食品表示改正法案が衆議院で審議中であり、消費者の立場からの要望である。要望内容について意見交換。 要望が少しでも実現へするように、進めてまいりたい。

No.3941

一般社団法人 全国消費者団体連絡会 レセプションで挨拶(東京都)

全国消費者団体連絡会(全国消団連)結成は1956年12月。 60年近く消費者運動の要として推進されてきた。現在42団体で2013年4月一般社団法人として新たにスタート。 本日はその設立総会・レセプションに党を代表して出席し、挨拶。 開会挨拶は河野康子 全国消費者団体連絡会 共同代表。 当日は森担当大臣も来賓として参加。 全国から集われた関係団体の方々と交流を深めた。

No.3930

「集団的消費者被害回復訴訟制度」の今国会実現へ!(東京都)

全国消費者団体連絡会からの呼びかけに賛同した54団体の消費者団体において「集団的消費者被害回復訴訟制度」の今国会実現を求める院内集会が開催された。 54団体を代表して丸山事務局長の主催者挨拶。 阿南消費者庁長官の挨拶の後、川口審議官から法案についての説明がある。 この法案は、消費者被害のうち、共通の原因で多数発生するものについて、実効的な被害回復の可能性が広がるもので、長年強く求めていた。 消費者……つづきを読む

No.3216

特措法制定へ議論開始/南海トラフ地震で自公プロジェクトチーム

 <これまでの活動記録> 自民、公明両党の「南海トラフ巨大地震対策特別措置法(仮称)策定プロジェクトチーム」(PT)は5日、衆院第2議員会館で初会合を開き、同特措法案の骨子について意見交換した。公明党から西博義PT共同座長、石田祝稔PT事務局長の両衆院議員、山本博司参院議員が出席した。 同法案は、駿河湾から日向灘に至る地震帯「南海トラフ」に起因する地震被害から国民の命と財産を守るため、特に被害が大……つづきを読む

No.3188

平成24年度消費者月間シンポジウム・懇談会(東京都)

消費者庁は、毎月5月は「消費者月間」として、消費者団体、事業者、行政などが一体となって消費者問題に関する啓発・教育などの事業を集中的に行っている。 本年も消費者功労者表彰式の開催に合わせて、表彰者の紹介と共に有識者によるパネルディスカッションを内容としたシンポジウム・懇談会を開催された。参議院消費者問題に関する特別委員長として参加。 1部では、 【消費者支援功労者表彰受賞者の紹介】 内閣総理大臣表……つづきを読む

No.2935

アメニティーフォーラム16「与野党が公開討論!」(滋賀県大津市・湖南市)

アメニティーフォーラム16最終日。 8時45分からの「障害者の就労への取組み」のシンポジウムを研鑽。 パネリストは村木太郎(独立行政高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長代理)、川副馨(滋賀県社会福祉事業団参事)竹村利道(NPO法人みらい高知)コーディネータ小宮英美(NHKプロデューサー) 就労支援の課題、現状と今後について大変貴重な内容。来週高知県のみらいを訪問の予定。 11時20分から与野党国会……つづきを読む

No.2907

学校司書・消費生活相談員の法的位置づけ等の要望を伺う(島根県松江市)

島根県教育委員会 今井教育長から要望を伺う。 公明党からは斉藤幹事長代行・谷合参議院議員が同席。 【要望内容】 1 学校図書館担当職員(学校司書)にかかる財政措置のさらなる充実 2 司書教諭の専任化推進にかかる財源措置 3 学校図書館担当職員(学校司書)の学校図書館法への位置付け 夜、松江市内にて島根県、鳥取県の消費生活相談員の方々と懇談。 意見交換を進める。 谷合参議院議員、篠原松江市議も同席。……つづきを読む