公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7955

「両国文化の架け橋になって」中国東北師範大学の留学生受け入れ(アトムグループ)(愛媛県松山市)

22日、松山市内にあるアトムグループを地元松山市の丹生谷(にゅうのや)利和市議と訪問。宇都宮賢八会長(CEO)・木山憲義 医療法人順風会 専務理事らと懇談。「健康・医療に関する国際展開」などで意見交換を致しました。
中国との交流を進めるアトムグループ。中国東北師範大学から留学生の研修を受け入れています。大学との「国際提携と交流に関する認定書」に基づき、平成28年からスタート。日本の介護技術を学びに来日され、現在5期生を受け入れています。
その5期生4名と懇談。9月から明年1月まで4ヶ月間。基礎介護技術や日本語研修をはじめ、アトムグループの高齢者施設での介護実習を受けます。
アトムグループでは外国人技能実習生7名の女性(中国西安・大連から)を9月から受け入れており、国際展開に力を注いでいます。
中国・日本の両国文化の架け橋になって活躍する人材育成に取組む活動を応援してまいります。
また西安市とも20年にわたり交流を続けています。

5期生4名と(宇都宮会長・丹生谷市議)
両国文化の架け橋に
留学生と懇談



コメント