公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7939

「日本脳外傷友の会第18回全国大会2018in三重」①交流会(三重県四日市市)

「日本脳外傷友の会第18回全国大会2018in三重」が19日から20日まで三重県 四日市市内にて開催されています。
「日本脳外傷友の会」は全国の高次脳機能障害者とその家族に対しての支援を目的として2000年4月設立されました。
高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、交通事故や転倒により頭を強く打ったり、脳梗塞や脳出血などの脳血管障がいなど様々な原因により、脳の一部に損傷を受けた場合に起こる障がいをいいます。その症状も様々で、注意障害、記憶障害、失語識障害、失行識障害、見当識障害、社会的行動障害など様々で一人ひとり異なる為、なかなか理解も進まず、対応が難しいのが現状です。
全国大会では、制度の狭間の課題をお聞きし、交流をさらに深める為に出席しました。
新幹線で東京駅より直行。夜の交流会に参加。地元の中川やすひろ県代表(元衆院議員)、山内みちあき県議、2人の四日市市議(中川まさあき、荒木みゆき)も出席。
交流会では、古謝由美理事長の挨拶の後、来賓として鈴木三重県知事と共に挨拶。
交流会は、パフォーマンスダンス・手品・唄など楽しい企画が一杯。高知県青い空の片岡理事長、愛媛県の玉置会長、広島県NPO法人高次脳機能障害サポートネットひろしま濱田小夜子理事長、山口県木村代表など全国から来られた方々と交流を深める事ができました。



コメント