公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4126

日本一長い佐田岬半島でのアワビ養殖の現場視察(愛媛県伊方町三机)


佐田岬半島からの景色


三机湾



宇和海


佐田岬半島


愛媛県の日本一長い佐田岬半島(伊方町三机)でアワビ養殖をされている 「和丸水産」を訪問。


桝田さんご一家


アワビ飼育水槽


水槽視察


代表の桝田次廣さんから養殖場でのアワビ養殖の取組みと課題を伺いました。


桝田代表


試食


試食2


また陸上養殖の現場視察と試食もさせていただきました。大変に美味しく、堪能しました。


飼育中のアワビ


海水を濾過


ポンプ


【陸上アワビ養殖施設の特徴】
・養殖施設の用地は6千平方メートル。飼育棟495平方メートルの他にポンプ室、濾過装置室を設置。

・三机湾から毎分3.2トンの海水を汲み上げ、濾過海水かけ流し方式による陸上養殖設備を独自に設計・施工。

・三机湾は河川の流入が少ない地形で塩分濃度が安定している上に、夏場の海水温を25度以下に保てるため、アワビ養殖に最適な生育環境。

・アワビ養殖は韓国産が多く取引されているが、代表は「安全で品質のよい愛媛県産をなるべく安価に提供したい」と話されています。

3年前から始めた事業も順調に拡大され、愛媛産養殖エゾアワビ「せと姫」として販売されているそうです。

要望としては、国産のアワビが韓国等の競争に勝てるような支援策と共に、産地表示の在り方をしっかり推進し、安全で品質の良い国産が正当に評価されるようにして欲しい旨の話しを伺いました。
自然豊かな佐田岬半島。桝田さんご一家で力をあわせ取り組まれている姿にも感激しました。



コメント