公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3797

デフレ脱却に向けた緊急経済対策2012年度補正予算成立(東京)


投票


補正予算  可決


本日の参議院本会議で2012年度補正予算の採決があり、賛成(白票) 117票 反対 116票 の一票差での可決した。


1票差


補正予算可決


自公で過半数のない状況のねじれ国会で、今回野党の1部が賛成にまわり薄氷さ。賛成を投じる野党議員に拍手をおくる熱気あふれた本会議。

 12年度補正は、安倍首相の経済政策「アベノミクス」の3本柱の一つである「機動的な財政政策」を裏付けるもの。


防災・減災


総額は基礎年金の国庫負担分を含む13兆1054億円。
老朽化したトンネルの点検、改修などの公共事業に予算を重点配分したほか、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療の実用化支援にも予算を計上している。
これからの国会運営も丁寧に進める事が大事。



コメント