公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3041

障がい者の就労・地域移行へのモデル事業の推進(高知県高知市)


sweet factorySTRAWBERRY FIELDS


竹村代表・寺内高知市議


竹村代表と就労継続支援A型事業所 sweet factorySTRAWBERRY FIELDSを視察。


工場見学1


工場見学2


現在15名が就労しており、工場は機械化でどんな障がい者でも働けるように工夫されている。ガラス張りで自由に見学もできる。


工場でつくったケーキ


お店には8名の障がいのある方々が接客をしている。皆さんイキイキしている。毎月10万円ちかいお給料をもらい、誇りをもって仕事される姿が美しい。
ケーキも105円と安い。大勢の方々が来られ、絶えず満席状態。


天神町の地域交流フロアの建物


その後、市内天神町にある地域交流フロア(仮称)を寺内市議と視察。
地域移行を円滑に進めるための新たな取組み。


地域交流フロアの概要を伺う


地域交流フロア1


障がいのある人の地域移行に伴う「副作用」。
グループホーム、ケアホームの自立化が進むと、障がい者の孤立化や地域住民との摩擦・誤解など、新たな課題、副作用も出始めている。
そうした事を防ぎ、地域移行を円滑に進めるための交流の場として、1階に地域交流フロアを創設し、今後スタートの予定。2階、3階がグループホームでの入居で、夜や土日交流フロアとして職員を置き、地域の方々の交流も含め対応するとの事。

大変大事な取組み。竹村代表の障がい者への熱い思いを痛感。
現在国や地方自治体の政策メニューがないので、今後この事業がモデルケースとして成功するように応援してまいりたい。



コメント