公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2421

脳脊髄液減少症 国の認識転換へ/「公明党のおかげ」と患者会

 <これまでの活動記録>

脳脊髄液減少症の患者・家族(右側)と意見交換する山口代表ら=2日 参院議員会館
公明党の山口那津男代表、松あきら副代表らは2日、参院議員会館で脳脊髄液減少症患者・家族支援協会の中井宏代表理事らと面会し、厚生労働省が近く同症の総括研究報告書を示すことを受け、意見交換した。

同症は交通事故などで頭部や全身を強打することで脳脊髄液が漏れ、頭痛や倦怠感などさまざまな症状を引き起こす疾病。従来は「何らかの衝撃で髄液が漏れることはあり得ない」との見解が医学界では支配的だった。

公明党は2006年4月、他党に先駆けて党内に同症対策チームを設置。地方議員とも連携し、患者や家族の声に耳を傾け、粘り強く政府に対策強化を求めていた。その結果、07年には厚労省に同症の診断基準を定めるための研究班が発足。今回の報告書では、衝撃による脳脊髄液の漏れは稀ではないなどとする結論が示され、同症に対する認識が大きく転換した。

中井代表理事は「髄液漏れが認められたことは感慨深い。公明党と共に闘ったおかげだ」と謝意を表明。山口代表は患者・家族らの活動に敬意を表し、「今後も苦しんでいる人の支援、救済に取り組む」と応じた。

 (2011年6月3日付 公明新聞より転載)



コメント