公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2355

避難所・被災地視察・村井知事・奥山市長から要望・意見交換(宮城県仙台市)


若林区写真1


若林区被災2


若林区被災3


若林区被災4


若林区視察


仙台市若林区荒浜地区を視察。仙台市の中でも津波で大きな被害あった地域。津波の物凄いエネルギーで根こそぎ崩壊している。
建物は学校の校舎くらい。屋上に逃げ助けを求めた荒浜小学校が身近に見える。


荒浜小学校


自衛隊ヘリ


上空には自衛隊ヘリコプター。遺体捜索のため、海岸線を何往復も続けている。復旧・復興はまだこれからの段階。


村井宮城県知事


宮城県庁で村井知事と懇談。被害状況・要望を伺う。
【被害状況】
・死者・行方不明者数約1万5千人
・大津波で海岸から数キロにもおよび浸水
・被害額2兆円など
【要望】
・災害復興基本法などの特別立法等を求める要望書


仙台市役所


奥山市長


さらに仙台市役所では奥山市長から仙台市の被害状況と要望を聞く。

・沿岸部分が大打撃(農地1800ha水没)塩害対策や集団的移転等検討
・西部地域も宅地の被害(公的な支援できる仕組みが必要)等。


避難所の体育館


避難所の壁に貼られているコーナー


仙台市の避難所である宮城野体育館を訪問。
・267名が避難所生活。学校などの避難場所から集約されてできた避難所。

段ボールでの間仕切りや畳が入れられたりと少しは改善されているが、長期間となるとプライバシーなど、早く住居の対応が必要。避難所の方々はこれからの住まいと生活に不安があるとの声。

本日の災害対策特別委員会での視察で見聞きし、要望された事項を掘り下げ改善に努めてまいりたい。



コメント