公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2280

林業就業者の雇用拡大と安全対策(東京都)


森林労連の方々と


全日本森林林業木材関連産業労働組合連合会(森林労連)の河田委員長・犬飼書記次長が事務所を来訪。

林業就業者の労働状況と安全対策など課題・要望をお聞きする。

【林業労働の現状】
・昭和35年 約44万人が平成17年 約4.6万人
・高齢化は60歳以上39%・65歳以上26.2%。
・平均所得 全産業約452万円に対し 林業295万円
・日給制が約7割、休日は日曜日・雨天日多い
・現場での始業時間は8時頃が多く、季節や天気に左右される
・新規就業者毎年3000人(緑の雇用で1441人)

【林業労働の災害の実情】
・労働災害発生率は全産業の13倍
 (平成22年林業死傷者1195人。死亡65人)
・経験年数でみると10年以下が全体の44%。5年以下21%。
・間伐中の災害が4割、「かかり木」処理や接近作業など経験年数の少ない者が被災

【今後の安全対策】
1.地域(山村)振興と地域林業再生には「林業事業体の育成」と「林業労働力の確保(技術者の育成・確保)」が重要で、新たな国の雇用政策拡充を。
2.事業主(会社)の安定的な経営のための事業の発注

3.安全に伴う研修、安全管理体制などの支援措置

【厚生労働省の林業就業支援事業内容の充実】
・平成22年度予算約8億→平成23年度予算 6億98百万円
・林業雇用改善推進会議の開催(実行ある会議を)
・林業就労支援事業
・地域林業雇用改善促進事業

今後労働環境改善にしっかり取り組んでまいりたい。



コメント

  • t.t より:

    鳩山総理のぶら下がりもあいまいな答弁で正直うんざりしてます。弁解じみてます。財源が無いのだから無いではっきり言ってマニフェストの修正をして国民から税金として取る様な事はしないで欲しい。民主党の大臣は人気取りで一生懸命なのでは?国の政治は人気取りでも自分の欲望を満足させるものではない事を教えてあげて下さい。国民を守ってこそ政治家です。韓国の朝鮮四代世宗大王の精神、民を慈しむ精神が大切です。公明党の立党精神を民主党に学ばせるべきです。