公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2010年12月の記事

No.2134

御礼・感謝1年間大変にありがとうございました(東京都・香川県)

本年1年間、ご支援を賜り、大変にありがとうございました。心より感謝申し上げます。 参議院選挙で公明党は19議席を確保し、ねじれ国会でのキャスティングボードを握る大事な役割をいただきました。 公明党は結党以来、「大衆とともに」「人間主義」を掲げ、様々な課題に取組んできました。 私もこの思いで初当選以来3年5ヶ月間、活動してまいりました。この間、国会質問は81回、市民相談1803回、街頭演説451回を……つづきを読む

No.2133

近隣挨拶まわり (東京都)

師走も押しせまり後2日。 近隣を中心に挨拶まわりを進める。いつも通る緑道の木々の葉っぱも落ち、冬らしい光景に四季を感じる。 日頃からお世話になっている方々と交流。感謝である。

No.2132

年末恒例の火の用心!防犯・防火活動に参加 (東京都目黒区)

朝から都内・近隣の挨拶まわりを進める。 夜は年末恒例の目黒区西柿の木坂町会(鈴木綾子町会長)の防火・防犯活動に出動。 地元の武藤まさひろ区会議員と町会の役員の方々と共に町内をまわる。 火の用心と拍子木を鳴らしながら、練り歩く。暗い路地もきめ細かく確認をしながら進む。 役員の方々から国政の事など質問に答えながら、「頑張って!」「応援しているからね」など等温かいエールをいただき、感謝で一杯。 昨年(2……つづきを読む

No.2131

市民相談解決へ!担当者と意見交換 (東京都)

早朝、マリンライナー号で高松駅から岡山駅へ。 瀬戸大橋を渡り、車中から見える穏やかな瀬戸内海。 太陽の光で水面が輝き眩しい中、青い海・青い空・緑の島々。心が癒される景色に感激。 新幹線で上京。国会事務所へ直行。本日仕事納めも多く、慌ただしい。 広島県で相談を受けた内容について厚生労働省の担当者から説明を受け、意見交換を進めた。 相談内容の1つは、市町村が行う地域生活支援事業の日常生活用具給付事業に……つづきを読む

No.2130

師走の高松市内を駆け巡る(香川県高松市)

ことでん高松築港駅での街頭演説からスタート。風は強いが、昨日と比べ少し温かな高松市。 自転車をおりて「公明党、応援してます。」とご婦人。ジャンバー姿の男性が「民主党うそつきやから頑張れよ!」など等。元気をいただき、ありがたい。 その後、高松市丸亀町商店街・兵庫町商店街など市内の挨拶まわり。 また四国の交通機関である鉄道・バス・フェリー会社などを訪問。 民主党の掲げるマニフェストの破たん、特に高速道……つづきを読む

No.2129

自動車補修の水性塗料の義務化へ!揮発性有機化合物(VOC)の歯止め対策(徳島県藍住町)

徳島県板野郡北島町にお住まいの自動車修理業を経営されている方から要望を伺う。北島町の中野しんご町議が同席。 揮発性有機化合物(VOC)についての内容。 ・揮発性有機化合物(VOC)は、常温常圧で大気中に揮発する有機性化学物質の総称。 ・具体例としてトルエン、ベンゼン、フロン類などを指し、溶剤、燃料として重要な物質として幅広く使用されている。 ・環境へ放出されると、公害などの健康被害を引き起こし、最……つづきを読む

No.2128

高松市内での街頭演説・挨拶まわり(香川県高松市)

早朝の街頭演説からスタート。 みぞれが降りしきる高松駅前での街頭演説。寒さがこたえる。傘を差しながら、公明党の政策や国政報告を行う。 その後、徳島県藍住町に移動。高松からさぬき市の山間地域は雪。東かがわ市に入ると青空が1部見えており、天候の移り変わりが激しい日。 徳島まわりを終え、午後香川県内にもどり、挨拶まわり。 カマタマーレ讃岐のJFL昇格祝勝会にかけつける。熊野社長などに挨拶。カマタマーレ讃……つづきを読む

No.2127

離島の暮らしを応援!/公明、瀬戸内の島を調査/高齢・過疎化で深刻さ増す

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党は離島住民の暮らしを応援するため、今年10月に離島振興対策本部(遠山清彦本部長=衆院議員)を設置し、今月9日に離島振興ビジョン2010を発表しました。同22日には同本部の山本博司事務局長(参院議員)が“医療過疎”などに直面する瀬戸内海の弓削島と佐島(いずれも愛媛県上島町)を地方議員と共に視察。その同行ルポとともに、遠山本部長のインタビューを紹……つづきを読む

No.2126

初雪の街頭演説 (香川県高松市・善通寺市)

早朝、羽田空港から高松空港へ。 市内の挨拶周りの途中、高松駅前での街頭演説。雪がふり始め、大変寒い。 続いて、善通寺市に移動。駅前での街頭演説。 内田丸亀市議・田川善通寺市議・すみおか多度津町議・薮内琴平町議・川西まんのう町議・大西ふじ子善通寺市予定候補と共に公明党の政策を訴える。 雪がふる寒い中、支持者の方々が応援頂き、本当にありがたい。 街頭演説では「展望なき迷走予算案」について糾弾。 特に民……つづきを読む

No.2125

障がい者を権利主体に/基本法改正で要望受ける/党福祉委

 <これまでの活動記録> 公明党障がい者福祉委員会の高木美智代委員長(衆院議員)、山本博司事務局長(参院議員)は24日、衆院第2議員会館で日本障害フォーラムの藤井克徳幹事会議長らと会い、障害者基本法の抜本改正について要望を受けた。 席上、藤井議長は2006年12月に国連で障害者権利条約が採択されたことに触れ、「権利条約の批准を日本も考える時期だ」と強調。また基本法改正にあたり、障がい者を保護の客体……つづきを読む