公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1638

予算成立で参院選めざし、与野党攻防へ(東京都)


本会議


加藤議員の反対討論


予算記名投票


夕方からの参議院本会議で平成22年予算が与党多数で可決・成立となった。公明党は今回の予算について下記の理由で反対。加藤議員が反対討論を。

1.マニフェスト違反の増税予算
  暫定税率(2・5兆円)高速道路6000億から1000億へ
  7.1兆円のうち財源確保3.1兆円のみ
  1兆円増税
    ・15歳以下 扶養控除住民税分廃止4200億
    ・16歳ー18歳所得税の特定扶養控除縮小(1000億)
    ・タバコ税(1000億)
 ・いのちを守る予算とは裏腹
   学校耐震化 2800棟 約1743億減額(予備費対応も不明確)
   がん無料検診の予算も減額 地方負担へ

2.「国債頼み」「埋蔵金頼み」の一時しのぎ予算(財政再建の道筋なし)
 税収37兆円なのに、92.3兆円の過去最大予算。国債44.3兆円の大増発
 10兆円の埋蔵金で、平成23年度以降は安定財源のめど立たず。

3.景気・経済先行き不安
  昨年補正2・9兆円執行停止・慌てて第二次補正編成 ちぐはぐ成長戦略なし

今後子ども手当て法案や高校授業料無償化法案など審議と続く。政治と金など与党は爆弾を抱えながら、7月参議院選挙へ向けて、与野党の攻防が激しくなる。



コメント