公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1625

障がい者施策拡充で長妻大臣に質問(厚生労働委員会)(東京都)


朝の厚生労働部会


8時30分から厚生労働部会。「北海道グループホームの火災状況報告と対策」「雇用保険法案」について厚労省からヒアリングを実施。

10時から厚生労働委員会で大臣所信の一般質疑が行なわれ、夕方17時前まで行なわれる。


厚生労働委員会


委員会で質問


15時10分から約30分間。障がい者施策について下記内容の質問。当初は介護施策についても質問を準備していたが、時間がなく介護は次回にまわす。


障がい者施策で質問


長妻大臣


障がい者施策について、親亡き後の住まいや所得保障、就労支援など現場をまわり、多くの障がいの方々の声を代弁する思いで長妻大臣に質問。

また障害者自立支援法廃止後の障害者総合福祉法などの道筋について、あいまいな部分を指摘。総合福祉法実施前に推進する課題の改善を強く求めた。

下記質問内容。

Ⅰ.障害者自立支援法について

1.いつまでにどのような理念の制度を作るつもりか。

2.多様な意見をどのように集約していく考えか。

3.発達障害関係者や難病患者などの当事者の声を反映すべきではないか。

4.新制度の制定前にも、昨年の通常国会の改正案を参考にして改善策を経過措置として対応すべきではないか。

5.障がい者の所得保障をどのように考えるのか。

6.ハート購入法の成立に早急に取り組むべきではないか。

7.パラリンピック・障害者スポーツへの支援を拡充すべきではないか。



コメント