公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.892

介護人材の待遇改善を/都内で党委員会 報酬改定に向け現場視察

 <これまでの活動記録>

介護職員との懇談であいさつする党介護委の古屋委員長(奥右端)ら=26日 東京・目黒区
 公明党介護保険制度改革委員会(古屋範子委員長=衆院議員)は26日、来年4月の介護報酬改定に向け、全国介護事業者協議会の対馬徳昭会長(ジャパンケアサービスグループ会長)の案内で東京都目黒区内の介護事業所3カ所を視察、介護職員から業務や待遇に関する意見・要望を聞いた。

 古屋委員長と山本博司参院議員、斉藤泰宏都政策局次長(都議選予定候補)、党目黒区議団が参加した。

 各事業所で介護職員からは、「誇りの持てる仕事だが、報酬が低いため家庭が持てず、結婚を機に仲間が転職していく」「育てた人材が辞めていくのを引き留めることもできない」など、報酬引き上げを求める切実な声が相次いだ。

 また、不足する介護人材の確保や事務負担の軽減などでも要望を受けた。
 古屋委員長は、あいさつで「報酬が低い中で、大切な介護の現場で働く皆さんの待遇改善に全力を挙げたい」と強調。山本氏も「連立政権合意に介護従事者の待遇改善を明記した。しっかり取り組みたい」と述べた。

 (2008年9月27日付 公明新聞より転載)



コメント