公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.886

自民党麻生新総裁の選出・陳情対応のヒアリング(東京都)

雨の東京。国会事務所から見る景色も霧雨でかすんで見える。窓からはちょうど自民党本部のビルが見える。


事務所の窓から見える自民党本部


自民党新総裁に麻生氏


本日自民党総裁選挙が実施され、麻生新総裁の誕生となった。5人の候補が争った総裁選。全体の67%の351票を獲得し、自民党のリーダーに麻生新総裁が選出された。今後太田代表との党首会談・公明党との連立政権協議を話しあう予定であるが、生活者の目線でしっかり国の政策をリードしてもらいたい。


事務所でヒアリング(厚労省)


午後より、国土交通省・厚生労働省を呼び、ヒアリングを受ける。内容は陳情・要望を受けた内容について確認と意見交換が中心となった。

特に9月8日備前市の国道2号線の東片上天神の横断歩道橋での交通事故多発現場視察時の対応を要望された点について、国土交通省の方と現状と対応策について話し合う。
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/2008/09/08/

昭和44年設置され、老朽化し、急な勾配で高齢者や車椅子の方たちが陸橋を渡れない点。国道2号線は2車線で車の交通量が2万5千台と多い点。近くの片上小学校の生徒が通学路で陸橋を利用する。など等。
様々な状況があるため、地域の皆様の声を聞きながら、どのような対策がとれるのか、今後、行政(市・警察など)と連携して進める事を話しあう。

さらに厚労省とは「雇用・能力開発機構の見直し」について意見交換。行政効率有識者会議と厚労省の在り方研究会で機構をめぐる論議が対立している。各業務について対比部分を確認しながら、今後の進め方を確認する。



コメント