公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.675

「全国パーキンソン病友の会」からの請願 (東京都)


本会議公明党席

国対役員会の後。本会議。昨日の厚労委員会の法案も含め、6本の法案が成立する。


岐阜県美濃加茂市渡辺市長から説明

午後には「外国人学校及び外国人子弟の教育を支援する議員の会」第3回会合が開催された。「外国人集住都市会議からの報告」のテーマで岐阜県美濃加茂市渡辺市長などから説明・要望があり、意見交換を進める。


「外国人学校及び外国人子弟の教育を支援する議員の会」第3回会合

先日の参議院の調査会などでも議論となった外国人子弟の教育など改善等について意見を述べる。

また夕方には「全国パーキンソン病友の会」からの広島県支部(水野支部長)の方々が来訪。「パーキンソン病患者の生活の質向上のための請願書」を木村副会長・村上幹事
が代表で要請された。1880人分の署名の方の尊い請願である。


「パーキンソン病患者の生活の質向上のための請願書」の内容で懇談

パーキンソン病は神経難病として原因不明、根本治療法が未確立で患者数約15万といわれている。パーキンソン病患者は家族にも判ってもらえない痛み・辛さを感じながら、薬なくしては生きられない大変な状況といえる。


「全国パーキンソン病友の会」広島県支部 木村副会長・村上幹事からの嘆願書

請願はこうした難病の発症原因の究明と完治療法の研究促進により、治療法の確立し、新たな発症者を出さない事や薬品価格の引下げ等の内容である。

広島支部の会員数は約300人。請願・陳情活動に大変な体で杖をつきながら頑張られておられる皆様の声を政治に反映してまいりたい。

夜、新幹線で四国に向かう東京駅ホームにて「山本ひろしさんでしょう」と声をかけられる。先日市議選応援に行った広島県福山市の女性支持者の皆様たち。元気で明るく元気をもらう。



コメント