公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.454

厚生労働委員会で杜撰な民主党法案が可決(東京都)


厚生労働委員会

朝8時30分より厚生労働部会が開催された。衆議院提案の「労働契約法案・最低賃金法の一部を改正する法律」について意見交換が中心となる。また本日も厚生労働委員会が開催され、先週からの民主党提案議案について午前中より、集中審議をする。休憩を含め、夜・採決となり、マスコミ各社注目の中、野党多数のため可決された。

厚生労働委員会

民主党法案が委員会で通過する歴史的な場面に当事者として体験出来た事は貴重だが、あまりにも杜撰で財源が明確でなく、国民に負担がのしかかる法案には納得がいかない。衆議院では否決されるので、成立はないが、パフォーマンスのみが目立った審議経過であった。



コメント