公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”バリアフリー” がつけられた記事

No.7497

参議院国土交通委員会現地視察①羽田空港バリアフリーの取組み(東京都)

19日、参議院国土交通委員会でバリアフリー法改正のための実情調査として終日視察に参加。羽田空港国際ターミナル、川崎フロンティアビルを視察しました。 羽田空港バリアフリーの取組みについて、取組み慨要説明(東京国際空港ターミナル、ANA、JAL)を其々伺いました。 その後、空港内の多目的トイレ、リフト付きバス、車イス体験などを視察しました。 今後の法案の審議に活かしてまいります。

No.7462

「バリアフリー法改正に向けた集いPART2 ~世界基準のレガシーを!東京2020オリパラ時代のバリアフリー法改正~」(東京都)

5日午後「バリアフリー法改正に向けた集いPART2~世界基準のレガシーを!東京2020オリパラ時代のバリアフリー法改正~」が衆議院議員会館で開催。 2017年11月のPART1に続き、いよいよ国会審議が始まる4月に多くの方々が参加。 2006年バリアフリー法が施行されてより、12年ぶりの改正が検討されています。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた今が大きなチャンスで、世界標準のバリア……つづきを読む

No.7460

道後温泉駅 バリアフリー化で快適・便利に! 現地視察(愛媛県松山市)

道後温泉駅が昨年12月、伊予鉄道130周年を機にリニューアル。お客様の利便性向上のため、バリアフリー化を行うと共に各種サービスの充実が図られました。 今国会でバリアフリー法改正の審議が行われるので、1日朝、現地を視察しました。今後の法整備に活かしてまいります。 現在の道後温泉駅は、明治44年に建てられた2代目の駅舎を昭和61年に復元した3代目の駅舎。そのイメージを守りながらも、さらに明るく快適に利……つづきを読む

No.7243

「バリアフリー加速へ!オリパラに向け推進役に」党プロジェクトチーム初会合(東京都)

公明党の「バリアフリー法及び関連施策のあり方に関するプロジェクトチーム」(PT、座長=赤羽一嘉衆院議員)は14日、参院議員会館で初会合を開き、同法の見直しなど、対策の加速へ議論を開始しました。 冒頭、赤羽座長は、公明党が「バリアフリーを社会の常識に変えたい」との思いで、法整備や予算の確保に取り組んできたと強調。その上で、2020年の東京五輪・パラリンピックなどを見据え、障がいや年齢に関係なく安心し……つづきを読む

No.6264

「音のバリアフリー化追求・難聴でも音声明瞭に!」サウンドファン佐藤社長と懇談(東京都)

(株)サウンドファン 佐藤和則社長・富田聡史課長が国会事務所に来訪。(29日)紹介いただいた公明新聞広告局の丸尾氏らも同席。 株式会社サウンドファンは”音で世界の人を幸せにする!”というすごくシンプルな理念により2013年10月に設立。 従来のスピーカーとは大きく異なり、曲面から音を発生させるという特殊な手法を用いることで、難聴者が聞き取りやすい「ミライスピーカー」を開発。 今年4月施行の「障害者……つづきを読む

No.5262

JR早島駅のバリアフリー化の早期実現へ!早島町議会の皆様が要望(東京都)

岡山県早島町議会の小池宏冶議長・佐藤政文副議長など5名の町議会議員の皆様が、「JR早島駅のバリアフリー化の要望について」国会に来訪されました。(23日)公明党の松森京子町議も同席。国土交通省の鉄道局の宮田・河内専門官と意見交換。 陳情要旨 JR早島駅のバリアフリー化の早期実現 プラットホームの雨除け屋根の設置 跨線橋の改修及びエレベーターの設置 早島駅は未だバリアフリーになっていないため、車いすで……つづきを読む