公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8795

「現代 アウトサイダーアート リアル ー現代美術の先にあるものー」を鑑賞(東京都)

15日夕方、 表参道のファッション複合ビル「ジャイル(GYRE)」内の「GYRE GALLERY」で「現代 アウトサイダーアート リアル ー現代美術の先にあるものー」が開催されており、鑑賞いたしました。紹介いただいた慶應同窓の岸田光央さんと共に伺いました。

オリンピック・パラリンピックを目前に、近年国内でもに注目を浴び始めている「アウトサイダーアート」「アール・ブリュット」。現代の日本で活発に制作に取り組む36人のアート作家の作品を厳選して紹介しています。

今回の主催者である杉本志乃さんが案内いただきました。杉本さんは、一般社団法人Arts and Creative Mind 代表理事 (株)Foster 代表。展覧会のキュレーションなどを通して様々な背景をもつアーティストの作品を社会と繋ぐ活動をしています。今回は障がいのある人逹のアートを通じて多様性ある社会作りに取り組む杉本さん。

神奈川県のアイム、大阪府のアトリエライプハウス、三重県の希望の園、埼玉県の工房集、京都府の新明塾、滋賀県のやまなみ工房など計14団体から、吉田幸敏やGAKU、加地英貴、高山勝充、茶薗大暉、山根ゆから全36人の作家の作品。全て現場を訪問し、素晴らしい作品を厳選されています。大変感動しました。多くの皆様にも見ていただきたい内容です。

【現代 アウトサイダーアート リアル ー現代美術の先にあるものー】



コメント