公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6263

「障がい者文化芸術活動振興のための法整備を!」超党派議連総会(東京都)

「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の芸術文化振興議員連盟」総会が参議院議員会館で開催されました。(30日)
公明党から高木美智代副会長など衆参の議員も多数出席。議連事務局長として司会を担当。障がい者団体として19団体26名が参加されました。

衛藤会長の挨拶。障害者の芸術文化振興に関する来年度予算案について、文部科学省・厚労省から説明が。大きく前進しています。

「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」について文化庁・参加する団体NPO法人バリアフリー映画研究会の大河内理事長から紹介。10月開催の東京会場にてバリアフリー映画の上映・京都会場でアール・ブリュット展が開催されます。

地方自治体の障がい者の芸術文化振興の取り組みについて、「障がい者の芸術文化活動推進知事連盟」の鳥取県 平井伸治知事から。具体的に「2016年10月30日に米子市で開催される障がい者アートフェスタ2016について」など皆さんが大変元気になるお話しをいただきました。

「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク」の久保会長・田中正博事務局長等からは、2017年フランス・ナント、2018年フランスパリ・スウェーデン・ストックフォルムでの障がい者の文化芸術国際交流事業の報告。

最後は、障がい者の文化芸術活動の振興のための法整備を議員立法で進める事を確認し、1時間の会合は閉会となりました。今後法整備化に向けて取組んでまいります。



コメント