公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5930

「4・2世界自閉症啓発デー」東京タワー ブルーライトアップ(東京都)

4月2日は国連の定めた「世界自閉症啓発デー」。本日東京タワーの他、全国134か所以上のランドマークがブルーにライトアップされました。
夜の点灯式には超党派議連副会長として出席。公明党から高木美智代議連事務局長も参加しました。

平成19年、国連総会において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。本年は140カ国・1万箇所でライトアップされています。具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

渡嘉敷厚労副大臣、市川宏伸実行委員会委員長(日本自閉症協会会長)、超党派議連野田聖子会長代理が挨拶の後、点灯。東京タワーがゆっくりとブルーのイルミネーションに染まりました。

自閉症の人たちによるアート作品の展示や応援メッセージ・演奏会など様々なイベントが行われました。市川自閉症協会会長達と鑑賞。また各団体(発達障害者当事者協会・NPO法人日本トゥレットト協会・日本言友会など)の模擬店も出展。開会前に懇談させていただきました。NPO法人おやじリンクの金子訓隆代表ファミリーも参加されており、記念の写真を撮る等多くの方々と交流を深める事ができました。

港区青山の伊藤忠青山アートスクエアにもWarm Blueライヴペイントが実施され大勢の方々が集まっていました。皆さんありがとうございました。

Warm Blue

自閉症の人たちが持つ人間らしい あたたかさと重ねて「Warm Blue」と名付けています。 「ブルーが持つイメージは?」と聞かれたら、 多くの人は「涼しい」とか「クール」と答えるかもしれません。 でも、あたたかいブルー、情熱的なブルーもきっとあるはず。 人を先入観で判断しないで、まっすぐ向き合って欲しい。 そんな願いを「Warm Blue」に込めているそうです。



コメント