公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4714

「障がい者千人雇用」を掲げる片岡聡一総社市長と懇談「障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる」(東京都)

写真

岡山県総社市 片岡聡一市長が国会事務所に来訪され、障がい者就労などで意見交換。(9日)


写真
片岡市長

片岡市長は3年前「障がい者千人雇用」を打ち出しました。総社市の人口約6万8千人。障がい者(知的、身体、精神)は3152人です。その内18歳から60歳1200人の内、就労している人は180人。
後の1020人はどこにいるのか?家でひっそり暮らしている人たち1000人を社会に呼び込んで働いてもらおう・参加してもらおうと思って「1000人雇用する」と宣言。

「殿ご乱心」みたいな事を言われ続けてきましたが、3年間で14の事業所等立ち上げ、721人(就労継続A型、B型含む)の就労が進みました。
昨年総社市では、障がい者を含む39世帯が生活保護から脱却し、自立の道が拓けたそうです。


写真
障がい者就労で意見交換

「千人雇用が達成できたら、全国813ある市や他の自治体もあちこちが「うちもやる」と手を挙げるようになる。そうなったら障がい者の居場所は絶対変わる。そう信じているんです。」と熱く語る片岡市長。
私も同じ思いで政治に取り組んできましたので大変共感しました。



コメント