公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4484

国道33号松山外環環状道路インター線(井門IC~古川IC)開通式典・セレモニーに出席(松山市)

写真

朝一番の飛行機で松山坊っちゃん空港へ。国道33号松山外環環状道路インター線(井門IC~古川IC)開通式典・セレモニーに参加しました。(16日)

松山外(そと)環状道路は松山IC・松山空港・松山港等の地域の交通拠点間のアクセス性向上、市内中心部へ流入する交通の分散を目的とした地域高規格道路で、国・県・松山市が協同で整備を進めています。今回は外環インター線(延長4.8km)の内、井門ICから古川IC(延長1.2km)の区間の開通です。

開通式典では地元国会議員として挨拶。式典終了後、バスでセレモニー会場(井門IC)に移動。


写真
開通式式典会場

地元幼稚園児と共に協力してのテープカット・くす玉開披・パレード。松山市消防団音楽隊の演奏や愛媛県・松山市のゆるきゃらも勢揃いで式典に華を添えていました。


写真


写真
松山市消防団音楽隊/音楽隊演奏

写真


写真
地元幼稚園・保育園児/テープカット

写真


写真
パレード/パレード2

写真
ゆるきゃら

今回区間の開通で四国内で利用交通量が最も多い松山ICに直接乗り入れが可能となり、松山ICへのアクセスルートが増え利便性が向上します。また外環インター線が全線開通すると市街地を通過せずに松山ICから松山空港や松山港に移動できることから所要時間が約20分短縮され交通拠点のアクセス性が向上します。3年後(平成28年度)の外環インター線全線開通向けてさらに取り組んでまいります。



コメント