公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2012年9月の記事

No.3450

「幸せのお菓子 おいり」西讃地域独自の風習(香川県観音寺市)

西讃地域でしかない「幸せのお菓子 おいり」の製造・販売先を訪問。「おいり」の由来など伺い、大変驚く。 おいりは香川県の西讃地域で昔から、お嫁さんがもっていくとされている花嫁さんのお菓子だそうだ。 うるち米で造った小さい丸が軽く口の中でとけて、チョッピリニッキのかおり。ピンク・赤・黄・緑・白・紫・青のとりどりの色が可愛らしい。大変美味しい。 おいりを持って嫁ぐのには、婚家の一員として「心を丸く持って……つづきを読む

No.3449

観音寺市内の地場産業・企業・団体廻り・要望を伺う(香川県観音寺市)

早朝高松市から観音寺市に移動。約1時間。 地元安藤市議と地場産業・医療・福祉・第1次産業など企業・団体等を訪問。課題、要望を伺う。 特別養護老人ホーム 豊恩荘の園田園長からは高齢者介護の下記の課題をお聞きする。 ①年金暮らしの方々が低料金で利用できるために多床室も個室と同じ条件に ②看護師不足の対応とキャリア形成ができる介護従事者の待遇改善など等。 養鶏場も視察。三豊・観音寺市には多くの養鶏場があ……つづきを読む

No.3448

4人勢揃い・広島市内3か所での街頭演説会 (広島県広島市)

その後、広島市に移動。西区・緑井駅前さらに夕方には広島駅北口で街頭演説会を開催。 4人が勢揃しての街頭演説。私たちも必死の訴え! 障がい者や難病の方々の支援の取組みについて、1期5年間の活動を話す。 特にこの2年間で成立した障害者基本法・障害者総合支援法で難病や発達障害の方々の支援が拡充された事。 障害者優先調達推進法では、障害者施設に国や県・市長村が優先して仕事を発注し障害者の就労環境の改善が図……つづきを読む

No.3447

衆院選大勝利へ!呉市内の街頭演説会から出陣(広島県呉市)

本日は広島県内4か所での公明党街頭演説会を実施。 斉藤幹事長代行・桝屋中国議長・谷合議員と4人揃っての街頭演説。来たるべき衆院選 大勝利への出陣の街頭演説会。 最初は、10時の呉駅前。祭日の午前中にもかかわらず、多くの皆様が応援にきていただく。本当にありがたい。 改正離島振興法や造血幹細胞移植推進法の議員立法成立に公明党が中心となり尽力した事を通じ、現場をまわり悩んでおられる声を聞き法律を作り、行……つづきを読む

No.3446

大勝利へ出陣!公明党第9回全国大会(東京都)

本日は公明党第9回全国大会が開催された。 「大衆とともに」の立党精神の淵源となった公明政治連盟の第1回全国大会から50年の節目を迎えて、行われた。 2014年11月の結党50周年へ、衆院選、参院選、都議選連続勝利めざし、出陣の大会となった。 まず午前9時30分から原発立地県連絡協議会が開催。 全国14の立地県の代表と山口代表・井上幹事長ら党幹部との協議会。原発立地県から其々課題・意見・要望が出され……つづきを読む

No.3445

「不妊治療と出生前診断について」ヒアリング・意見交換(東京都)

厚生労働部会・女性委員会合同会議が開催。 「不妊治療と出生前診断について」厚労省からヒアリングし、意見交換を進めた。 【体外受精の実施数と出生児数】 1.体外受精の実施数(治療のべ人数・出生児数・確率%) ①新鮮胚を用いた治療(63,083人・5046人・16.8%) ②凍結胚を用いた治療(73,927人・16,454人・22.3%) ③顕微授精を用いた治療(76,790人・5180人・14.1%……つづきを読む

No.3444

いじめ問題・被害者の会が対策要望!「隠ぺい体質で深刻化」(東京都)

公明党の「いじめ問題等検討PT(池坊座長)」が20日開催された。 NPO法人「全国いじめ被害者の会」大澤秀明代表よりいじめ対策についての意見・要望を伺う。 大澤代表は ①「いじめを”なかったこと”にしようとする学校の隠ぺい体質がいじめを深刻化させている」と指摘。 ②「いじめをいじめとして捉えなかった為、加害者を更生させるため の措置もされていない」と話され、文部科学省のいじめ対策は事後対策が中心と……つづきを読む

No.3443

第23回参議院議員通常選挙第4次公認の御礼

明年の第23回参議院議員通常選挙の第4次公認が20日発表され、2期目に挑戦する事になりました。大変にありがとうございます。 1期5年間支持者の皆様の温かな支えがあって、元気に活動出来ました事に心より感謝申し上げます。 これからも「大衆とともに」の立党精神を原点に、「どこまでも現場第一・人間主義に徹し抜いてまいります。

No.3442

通学路の安全対策の予算等ヒアリング(対策PTにて)(東京都)

通学路の安全対策PT(浜田座長)が開催された。 「通学路の安全対策に関する平成25年度概算要求等について」 「新たな法整備等の検討について」各省庁からヒアリングし、意見交換を進めた。 公明党の提言等により、来年度予算に計上された内容も多くある。 ・文科省予算では「子ども安心プリジェクト」の充実として、25年度要求額5億2775万5千円。(前年度予算3億6956万円) (内訳) 1.通学路安全推進事……つづきを読む

No.3441

「カルテがない肝炎原告団」と意見交換・患者救済を幅広く!(東京都)

公明党の肝炎対策プロジェクトチーム(PT)【赤松座長】19日、「カルテがないC型肝炎訴訟原告団」の佐藤静子事務局長らと会い、被害者救済策について意見交換を進めた。 【全国原告団の皆様の悲痛な叫び】 全国から患者や遺族など原告団の方々からカルテがないだけで、切り捨てられる状況や現在の苦しい現実を伺う。 全国の原告総数510名(東京・大阪・札幌・鹿児島・広島・熊本地裁で提訴) 薬害C型肝炎被害者の給付……つづきを読む