公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3133

がん緩和ケア推進へ/国立研究センターで意見交換/党がん対策推進本部

 <これまでの活動記録>

緩和ケアの研究成果について説明を受ける党がん対策推進本部のメンバー=10日 東京・中央区
公明党がん対策推進本部(本部長=松あきら副代表)は10日、東京都中央区の独立行政法人「国立がん研究センター」を訪れ、がんによる苦痛の緩和ケアについて、的場元弘・緩和医療科長や上園保仁・分野長らと意見交換した。

緩和ケアは、がんに伴う総合的な痛みを和らげ、患者や家族にとって望ましい療養生活をサポートするもの。

同センター中央病院では、主治医、看護師、薬剤師、心理士などが一体的に支援する「緩和ケアチーム」で診療を行っている。3年前からは、全ての診療科のレジデント(研修医)を対象に緩和ケアの研修をスタートした。

的場氏らは、がんによる苦痛には身体的、精神的なもののほかに、脱毛や悪臭、死への恐怖、人間関係など、さまざまな種類があることを紹介。同センターとして、地域医療との連携や患者家族の負担軽減策などでサポートしたいと話した。

また、基礎、臨床医学の両面から(1)腹膜播種の腹痛(2)脊椎骨へのがん転移による動作痛(3)治療の副作用などで起きる口内炎の痛み―を緩和する研究成果について説明した。

松さんは「緩和ケアの研究が進むよう、必要な支援に取り組みたい」と話していた。

 (2012年5月11日付 公明新聞より転載)



コメント