公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2349

被災障がい者に配慮を/現地対応で13団体から要望/党合同会議

 <これまでの活動記録>

障がい者団体から要望を受ける党合同会議=20日 衆院第1議員会館
東日本大震災の被災地での障がい者に対する支援を進めるため、公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)と障がい者福祉委員会(高木美智代委員長=衆院議員)は20日、衆院第1議員会館で合同会議を開き、障がい者団体から要望を聞いた。これには、日本身体障害者団体連合会、日本盲人会連合など13団体が参加した。

この中で参加団体は、被災地では高齢化率が高いのに加え、現在も余震などで厳しい環境に置かれているとし、緊急支援の必要性を指摘。具体的には、(1)ケア付き仮設住宅の整備促進(2)障がい者に配慮した避難所の設置(3)障がい者への「心のケア」の専門家の配置―などを求めた。

高木委員長は「(公明党は)支え合う社会が大事だと考えている」と述べ、積極的に取り組む姿勢を示した。

 (2011年4月21日付 公明新聞より転載)



コメント

  • t.t より:

    厚生省への予算よろしくお願いします。実生活に直接影響しますから。公明党の中でもツイッターが普及してるみたいですね。山口代表、谷合さんなど早く山本さんも始めて下さい。楽しみにしてます。