公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2010年10月の記事

No.2021

第9回公明党高知県本部大会(高知県高知市)

午後から第9回公明党高知県本部大会が開催された。 吉田機関紙推進委員長・黒岩幹事長と続く。 池脇県代表からの挨拶のあと、四国副議長としてあいさつ。 国政の状況、公明党の「社会保障トータルビジョン検討会」の進捗などお話しする。 最後は石田四国議長から国政報告。 明年の四万十町議選・統一地方選勝利への出陣と集いとなった。

No.2020

ひきこもり支援の拡充を!高知「やいろ鳥の会」会長と意見交換(高知県高知市)

全国ひきこもりKHJ親の会・高知県支部「やいろ鳥の会」の竹中あおい会長と懇談。 高知県黒岩県会議員・高木高知市議が同席。 ひきこもりの人は全国で数十万から100万人といわれ、平均年齢は30歳を超えている。 「やいろ鳥の会」の歴史、取組み・課題・要望を伺う。 2006年(平成18年)設立されたやいろの会。 翌年(2007年)からは、いの町に「いのポレポレ農園」を開設。 「家と社会の中間」「個と集団の……つづきを読む

No.2019

認定こども園地方裁量型支援へ!高知市訪問(高知県高知市)

早朝、高松市を出発し高知県に移動。 市内にある認定こども園春野乳幼児園へ。 認定こども園地方裁量型連絡会会長でもある西岡園長と懇談。高木市会議員が同席。 まず豪雨による裏山の土砂崩れの現場へ。現状と対応策等伺う。 その後、政府が検討している「子ども・子育て新システム検討会」の議論の中で、地方裁量型認定こども園がどうなるのか?など等意見交換を進める。 高知市の地方裁量型認定こども園の保育所機能分とし……つづきを読む

No.2018

「無縁社会を変えろ!」独居高齢者の地域支援体制の取組み(東京都・香川県高松市)

台風のため、予定が変更となり午前中都内に。雨・風が強くなる中、午後の新幹線のぞみ号で岡山経由で香川県高松へ。新幹線から美しい虹が。 夜NHKで、「日本のこれから、無縁社会を変えろ!」との放映があった。 「一人暮らしの高齢者2010年465万人(2030年には717万人)・高齢者孤独死10年で5倍。」 「高齢者の近所づきあいがあいさつ程度、ほとんどないが57%など」 無縁社会の実態が語られる。 先日……つづきを読む

No.2017

中小企業、建設業を元気に/山口代表ら日商、日建連などと政策懇談/「政府は中小企業の声を聞かず」(全国中小企業団体中央会会長)

 <これまでの活動記録> 公明党の山口那津男代表は29日、現場の声を政策に反映させようと、日本商工会議所(日商)や全国中小企業団体中央会、日本建設業団体連合会(日建連)の代表と会い、中小企業や建設業界支援について要望を受けた。井上義久幹事長、東順治(団体渉外委員長)、松あきらの両副代表、石井啓一政務調査会長、斉藤鉄夫税制調査会長(幹事長代行)らが出席した。 このうち日商との懇談では、山口代表が「わ……つづきを読む

No.2016

自立する四国へ!地域経済活性化・「命の道」整備促進(東京都)

午後から政調全体会議。政府提出の補正予算概要について関係省庁からヒアリングし、意見交換を進める。あまりに遅すぎる対応。中身の吟味はこれから。 また愛媛県八幡浜市(大城市長)宇和島市(石橋市長)愛南町(清水市長)久万高原町(永井副町長)などが事務所に来訪。 21世紀・活力ある道づくりを目指す「四国連合協議会」として、四国の道路整備の改善を強く要望される。 【四国の道路整備が抱える現状と課題・要望】 ……つづきを読む

No.2015

中小企業・建設業の悲鳴を聞いて!政策要望の団体ヒアリング(東京都)

8時30分から厚生労働部会。国対役員会・本会議・災害対策特別委員会と続く。 さらに各団体から平成23年度の政策要望をお聞きする。 最初は、社団法人「日本建設業団体連合会」社団法人「建築業協会」社団法人「海外建設協会」の3団体。 日建連の竹村常務理事から挨拶の後、平成23年度税制改正要望として下記の内容。 建設業界は昨年度、日建連法人48社の受注総額31年ぶりに10兆円を下回り、極めて厳しい状況が続……つづきを読む

No.2014

海運が盛んな長崎県・大島造船所での命名式(長崎県西海市)

午前中、長崎県 大島において、新船の命名式に参加。 大島造船所にて新装となったFEDERAL YUKINA号。 3万5千トンの船。全長200㍍。雄大である。 命名式には大島島民の皆様も参加されていた。島の子供たちの歓迎太鼓の後、支綱切断や祝砲発砲などの命名式のセレモニーが行われた。 本船視察では、船内を見学。日頃見れない船の舵取りの心臓部など拝見する。 祝賀会では(株)大島造船所 堀社長代行やカナ……つづきを読む

No.2013

薬剤師会、司法書士会から予算、税制で要望/斉藤幹事長代行ら応対

 <これまでの活動記録> 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(税制調査会長)は27日、衆院第1議員会館で日本薬剤師会の山本信夫副会長らから、予算と税制改正に関する要望を受けた。 席上、山本副会長らは、6年制薬学教育を受けた薬剤師の待遇について、国家公務員医療職の俸給表を見直すことや、薬学部の学生に対する奨学金制度の拡充などを要請。 また、購入時に消費税が課税されている一般医薬品について、非課税か軽減税率に……つづきを読む

No.2012

平成23年度政策要望団体ヒアリング(日本司法書士連合会・政治連盟)(東京都)

国対役員会の後、災害特別委員会理事懇談会が開催され、奄美大島の災害状況の報告をうけ、今後の委員会等の日程など議論する。 また団体ヒアリングも行われ、日本司法書士会連合会・日本司法書士会政治連盟から政策要望等伺う。 日本司法書士政治連盟安井会長の挨拶の後、日本司法書士連合会 里村専務理事から平成23年度政策要望や平成23年税制改正要望の説明がある。 平成23年政策要望 1.司法制度改革関連(国民に身……つづきを読む