公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2009年9月の記事

No.1338

透析患者29万人の声を聞いて! 鳥取県腎友会の要望 (鳥取県倉吉市)

朝の企業の朝礼での挨拶からスタート。天神川を通りながら、本日も鳥取県倉吉市地域をまわる。 鳥取県腎友会西尾会長・横浜副会長等と懇談。銀杏県代表(県議)が同席する。西尾会長から下記3点の項目の要望書をいただく。 1.腎疾患総合対策の早期確立 ・透析患者全国29万人が安心して透析が受けられる体制整備 2.障害者自立支援法の改正 ・障がい者が1日も早く安心して生きられる法に改正を 3.新型インフルエンザ……つづきを読む

No.1337

北栄町議選・倉吉市議選の応援へ!(鳥取県東伯郡北栄町・倉吉市)

本日は北栄町議会選挙の告示(10月4日投票)。公明党現職候補の出陣式で応援演説を行う。雨の中にもかかわらず、真剣に応援いただく支持者の皆様に感謝。 北栄町は鳥取県の中部に位置し人口15,446人(2009年8月現在)。漫画「名探偵コナン」で知られる漫画家青山剛昌氏の出身地であり、「コナンの里」の町おこしが行われている。主な産業は農業が中心で、今稲が実り、稲刈りの真っ最中。北栄町由良地域で候補と街頭……つづきを読む

No.1336

”ドラマチック四国”!NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」がスタート(東京都・鳥取県)

本日よりNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」がスタートした。四国・徳島が舞台である。 「ウェルかめ」のヒロインが生まれ育った徳島・美波町はアカウミガメの産卵地としられる大浜海岸を持つ風光明媚な町。 ドラマは、美波町と徳島市の小さな出版社を舞台に展開される。ヒロイン浜本波美に女優倉科カナを起用。何度も挫折しながら編集者になる夢をあきらめず、前向きに人生をきり開いていく姿を描くという。これから楽しみ……つづきを読む

No.1335

関東愛媛県人会 秋の総会・大園遊会(東京都)

本日は関東愛媛県人会 秋の総会・大園遊会に参加する。 関東愛媛県人会 井関会長のオープニング挨拶の後、来賓を代表して加戸知事が挨拶。愛媛県からも市長や県議会代表などが上京。関東から大勢のふるさと愛媛の会員の方々も含めて、館内は立錐の余地もない状態である。 福引コーナーやソプラノ歌手・雨谷麻世コンサートなど楽しい企画も盛りだくさん。 様々な方々と交流を深める。南予出身の方々の席では故郷八幡浜の皆さん……つづきを読む

No.1334

厚生労働部会長代理としてスタート(東京都)

熱もおさまり、本日から少しずつ活動を開始する。散髪に出かけたり、買物などを手始めに、地域の方の挨拶まわりを始める。陽も射して、暑い1日となる。緑道の花々に、紋白蝶などが楽しく飛び回る。 途中都立大学駅近辺では、何人かの方から声をかけられる。 壮年の方は「山本さん。白内障手術の多焦点眼内レンズの保険適用お願いしますね? 私も見えづらくて困っているんで保険が適用されれば助かります」と。公明新聞の記事な……つづきを読む

No.1333

2人の母の作品(東京都)

私の母は絵を描くことが大好きで私が小さい頃から何十枚と描いてきた。 自宅にも母の絵が飾ってある。水墨画から油絵まで。展覧会(県展等)にも何度も入選したこともあるが、静物画・風景・人物と身近な題材を見事なまでに描く。私が学生時代の母の手紙にはいつも綺麗な墨絵で「身体に気をつけて、勉強に頑張ってください。」等、慈愛ある励ましの絵筆であった。 今、母は目が悪くなり絵をもう描く事が出来ないが、今まで母が描……つづきを読む

No.1332

党政務調査会が新編成/副会長に赤松、渡辺、石田、富田、 佐藤、浜田、高木(美)氏を新任

 <これまでの活動記録>  公明党は24日の中央幹事会で、政務調査会の新編成と各部会の部会長代理以上の人事を了承した。新たな体制は次の通り。     ◇ 政調会長=斉藤鉄夫 政調会長代理=石井啓一 政調副会長=荒木清寛、赤松正雄、渡辺孝男、古屋範子、松あきら、石田祝稔、富田茂之、佐藤茂樹、浜田昌良、高木美智代 <社会保障制度調査会> 会長=坂口力 会長代理=福島豊、桝屋敬悟 副会長=古屋範子 事務……つづきを読む

No.1331

まごころの人形 (東京都)

昨日と比べ、熱も下がったが、自宅での静養に努めた。予定をキャンセルした方々に改めてお詫び申しあげます。 1日中自宅での生活。めったに無い事である。自宅には大変大事にしている人形が1階に置かれている。 1つは山本ひろし人形。3年前初出馬のさい、故郷四国のご婦人が手作りで作っていただいた人形である。靴もめがねも手づくり。胸のマークは障害の娘が大好きなキティちゃん。どこから見ても真心が伝わってくる。 い……つづきを読む

No.1330

風邪でダウン(東京都)

夜中から寝苦しく、朝方熱を測ってみると38.6℃。咳も激しい。祭日のため救急外来を探し、妻の車で近くの病院にかけこむ。8時前であったが、外来は混雑していた。再度熱を測ると39.2℃。これは新型インフルエンザか?と心配になる。 新型インフルエンザの判定をする検査を行うが、鼻に綿棒を入れるが、痛くて往生する。外来の受付には時間と共に20人・30人と子どもや大人等大勢の人達が診察に来ている。救急車で何人……つづきを読む

No.1329

斉藤やすひろ都議と区内挨拶まわり(東京都目黒区)

シルバーウィークも後半。午前中から目黒区内の近隣の方々の挨拶まわりを進める。 午後からは斉藤やすひろ都議と共に、障がい者団体の方々とも懇談。福祉に力を注ぐ公明党に対して、今後も大きな期待を寄せられる。特に弱者の視点を堅持して、生活・就労・老後など親亡き後の対応も含めてきめ細やかな政策に取組む事を要望される。 その後、慶応の大先輩宅を訪問。82歳になられた中村先輩と懇談。いつも変わらず励まし・エール……つづきを読む