公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.670

議院運営委員会で日銀総裁候補(白川氏)の所信聴取と質問(東京都)


厚生労働委員会で舛添大臣


国対役員会の後、厚生労働委員会が終日開催。社会保障について各課題での質疑が活発に行なわれた。


議院運営委員会で質問


また本日は日銀人事の総裁候補の所信聴取の議院運営委員会が行なわれた。政府提示の総裁に白川候補・副総裁に渡辺候補が。所信をそれぞれ聞く。


日銀総裁候補白川氏の所信


白川氏は「大きなリーダーとして謙虚に取組んでいく」と表明。米経済についても「金融市場は1930年代以来の動揺が続いている」との認識も示した。


副総裁候補 渡辺氏の所信


渡辺氏は「金融政策の独立性、、透明性を確保していく」と語り「米経済の景気後退に伴い日本経済も減速感が高まっている。」と指摘した。


日銀総裁候補白川氏に質問


その後、各党より質疑を行なう。私も白川総裁候補に下記2点、質問をした。
1.国内経済の景気減速に伴う金融政策について
2.日銀総裁の資質について、経験不足という声にどう応えるか?


私の質問に答弁している白川氏


大変明快な答弁で、かつ謙虚さが現れており、総裁としての資質も含めて、好感を感じた。明日、衆参本会議で採決がある。空白がやっと解消されそうだ。



コメント